新型コロナウィルスの起源をめぐり、日本の成人51%が「中国の研究所から漏洩した」という説を支持していることが、米モーニング・コンサルタントの世論調査で判明しました。

調査は8月上旬に実施され、アルゼンチン、コロンビア、ブラジル、日本、アメリカ、メキシコ、カナダ、シンガポールの計8カ国の成人が対象とされました。うち、日本、アルゼンチン、コロンビア、ブラジルの半数が研究所説を支持していることが判明。特に、自然発生説を信じる割合(16%)が最も低かったのが、日本であるといいます。

またアメリカでは、党派によって起源に関する見解が二分化されています。共和党員の70%が研究所説を支持し、民主党員の32%を大きく超えていることも分かりました。

日本の世論調査は意外な結果と言えます。政治家やマスコミ、科学者が起源に関する追及の動きをほとんど見せていないにもかかわらず、中国に責任があると考える人が多いのです。その意味で、日本の政治家などが勇気をもって中国を追及できれば、悪魔の中華帝国を崩壊させるよう一枚岩になれる可能性があるとも言えましょう。

本誌・本欄で度々指摘してきたように、コロナは中国が起源であり、自然に生まれたのではなく、生物兵器として兵器化されたものです。中国は、ワクチン開発といった体のいい大義名分の下、生物兵器禁止条約などの制約をくぐり抜けて、各国の一流の学者と連携・利用するなどして、生物兵器を開発してきました。

そうした事実関係や中国が起源を隠蔽した罪などは、すでに多くの学者から問題提起されており、日本の政治家やマスコミは、見て見ぬふりをするのはやめるべきです。中国が生物兵器による世界大戦を起こしている以上、人類に対する戦争責任を明らかにし、責任を取らせるべきです。

【関連書籍】

2021年9月号.jpg

『ザ・リバティ』2021年9月号

幸福の科学出版

幸福の科学出版にて購入

Amazonにて購入

【関連記事】

2021年8月17日付本欄 WHO調査団リーダーが「コロナ研究所流出説」で中国から圧力を受けたと暴露 WHOを改革せよ

https://the-liberty.com/article/18670/

2021年8月14日付本欄 中国メディアが「コロナの起源はアメリカ」と報道 根拠は架空生物学者の発言と判明 中国の悪行を許すな

https://the-liberty.com/article/18666/

2021年8月12日付本欄 米CNNはバイデン政権のコロナ起源調査が難航と報道 中国の悪行を糺すべく責任追及するべき

https://the-liberty.com/article/18661/