rss

記事一覧

  • もう、偽物が出回り始める 中国のデジタル人民元、危うい出だし

    2020.10.29
    もう、偽物が出回り始める 中国のデジタル人民元、危うい出だし

    「デジタル人民元」の開発を急ぐ中国が、早くも「偽物」に悩まされているようだ。

    中国人民銀行・デジタル通貨研究所の穆長春(ムー・チャンチュン)所長が金融フォーラムで、「中国本土で偽のデジタル人民元ウォレット(アプリ)が出回っている」と明らかにした。28日付大紀元電子版などが伝えている。

    ...

  • 「鬼滅の刃」が描く魑魅魍魎の世界 魔の攻撃から身を守るには?

    2020.10.29
    「鬼滅の刃」が描く魑魅魍魎の世界 魔の攻撃から身を守るには?

    映画「鬼滅の刃」がヒットを記録し、魑魅魍魎(ちみもうりょう)を描く世界が注目されている。漫画界では、「犬夜叉」や「夏目友人帳」「幽☆遊☆白書」、そして近年では「妖怪ウォッチ」などがヒットを飛ばしたのは記憶に新しく、鬼や妖怪などのマーケットは意外にも大きい。

    ...

  • 「鬼滅の刃」関連の鬼が出現 日本社会の底流に流れる価値観とは?

    2020.10.28
    「鬼滅の刃」関連の鬼が出現 日本社会の底流に流れる価値観とは?

    大ヒット中の映画「鬼滅の刃」。このほど、この映画に関係する霊人が大川隆法・幸福の科学総裁のもとに現れた。何かを伝えたい様子を見せた霊人は「黒鬼」と名乗り、「ご用件は何ですか」という質問に対し、「鬼滅の刃」がヒットしている理由を語り出した。この霊言は、「『鬼滅の刃』が流行る理由─黒鬼/草津赤鬼の霊言─」として、「UFOリーディング─馬型宇宙人の予言編─(ウマリー星)」と合わせて幸福の科学の支部・精舎・拠点で公開されている。

    ...

  • なぜアゼルバイジャンとアルメニアは戦争をしているのか (2)

    2020.10.28
    なぜアゼルバイジャンとアルメニアは戦争をしているのか (2)

    9月27日、アルメニアとアゼルバイジャンが近年最大規模の武力衝突を起こして以来、戦争状態に突入しています。ロシアの仲介などにより、停戦を繰り返してはいますが、収束のめどは立っていません。どちらも日本から見れば遠い国の感覚が強い、アルメニアとアゼルバイジャン。なぜ両国が今、戦争をしているのでしょうか。

    ...

  • 習近平主席、"盟友"の「紅二代」にも刃を向け始める!?【澁谷司──中国包囲網の現在地】

    2020.10.27
    習近平主席、"盟友"の「紅二代」にも刃を向け始める!?【澁谷司──中国包囲網の現在地】

    習近平・中国国家主席は、毛沢東らと共産革命に参加した長老らの子弟である「太子党・紅二代」というグループに属している。その「紅二代」が昨今、四分五裂している。「紅二代」の代表人物の一人である任志強に対して、北京市第二中級法院(地裁)は9月22日、懲役18年、罰金420万元(約6300万円)の実刑を言い渡した。任は1993年、政府系の北京市華遠集団と北京市華遠集団公司が成立した際、北京政府よりトップに任命された。華遠集団は当初、不動産開発企業だったが、

    ...

  • 「今度こそ本当にヤバい中国」「増税学者の来世は無間地獄か!?」 「ザ・リバティ」12月号、10月30日発売

    2020.10.27
    「今度こそ本当にヤバい中国」「増税学者の来世は無間地獄か!?」 「ザ・リバティ」12月号、10月30日発売

    日中両政府が10月にも、ビジネス目的に限った往来再開で合意する。

    加藤勝信官房長官は20日の記者会見で、「中国と往来再開を通じて経済交流が回復軌道にのることは大変重要だ」「経済再生のために国際的な人の往来は不可欠」と語った。

    企業でも、"中国回帰"の動きが出始めている。中国での生産能力を増やしたり、中国での店舗数が日本のそれを上回ったり──。

    ...

  • 大統領選直前の今こそ知っておきたい アメリカ共和党員はトランプ大統領をどう評価していたか

    2020.10.26
    大統領選直前の今こそ知っておきたい アメリカ共和党員はトランプ大統領をどう評価していたか

    11月3日に大統領選挙を控えるアメリカ。日本のメディアはトランプ大統領の劣勢と報じるものばかりだが、最後の討論会を終えた両氏の評価は、民主党が強いとされる激戦区でトランプ氏の評価がバイデン候補を上回るとするデータもある。本欄では、新型コロナウィルスの脅威が深刻化する前の今年2月、アメリカ・首都ワシントン近郊で開催された全米最大の保守団体「米国保守連合」の年次総会「CPAC2020」の本識者のレポートから、共和党員が考えるトランプ大統領の「成果」について伝える

    ...

  • 対中強硬派ピーター・ナヴァロ氏が演説 トランプ2期目に何が起きるか

    2020.10.26
    対中強硬派ピーター・ナヴァロ氏が演説 トランプ2期目に何が起きるか

    トランプ政権の対中強硬派として知られる、ホワイトハウス通商製造業政策局のピーター・ナヴァロ氏が19日、米保守系シンクタンク・ハドソン研究所で演説し、世界が直面する中国共産党という脅威について警鐘を鳴らしました。ナヴァロ氏は、ドナルド・トランプ氏が大統領候補として「中国が仕掛ける経済戦争を終わらせ、アメリカの働く人々を守る」と公約に掲げ、この

    ...

  • 山口県光市議選 幸福実現党公認の早稲田氏が当選

    2020.10.26
    山口県光市議選 幸福実現党公認の早稲田氏が当選

    任期満了に伴う山口県光市議選(定数18)は25日に投開票を迎え、幸福実現党公認候補の早稲田真弓(わせだ・まゆみ)氏が当選を果たした。山口県では、下松市の山根栄子(やまね・えいこ)氏に続く2人目の地方議員輩出となる。

    早稲田氏は、地元光市で生まれ育ち、地元で起業して24年目。パソコン講師、キャリア・カウンセラーとして事業を展開してきた。

    ...

  • 映画「夜明けを信じて。」がもっと味わえる、この2冊!

    2020.10.25
    映画「夜明けを信じて。」がもっと味わえる、この2冊!

    映画「夜明けを信じて。」が好評上映中だ。大川隆法・幸福の科学総裁をモデルとした主人公・一条悟ほか、登場人物の姿を描いた本作だが、映画と合わせて、関連書籍も内容が充実している。

    まず、ぜひ手に取っていただきたいのが、公式ガイドブック「夜明けを信じて。」。ここにしか載っていない秘話がさまざまに収録されている。

    ...

Menu

Language