ドイツで新たな保守政党が台頭する理由 AfDスポークスマン バスティアン・ベーレンス氏インタビュー

ドイツで新たな保守政党が台頭する理由 AfDスポークスマン バスティアン・ベーレンス氏インタビュー

AfD報道官のバスティアン・ベーレンス氏。

 

新興政党「ドイツのための選択肢(AfD)」は、2013年に立党して以来、急速に勢力を伸ばしている。2017年のドイツ連邦議会選挙でも、初めて国政レベルで議席を獲得しており、その動向が注目される。

 

9月1日に投開票されたドイツ東部のザクセン州、ブランデンブルク州での州議会選挙では、同党が第2党に躍進した。これに対して、メルケル政権を支える「キリスト教民主同盟(CDU)」「社会民主党(SPD)」の二大政党は退潮する流れとなっている。

 

今回の選挙では、特にザクセン州で、AfDの得票率は27.5%となり、CDUの32.1%と並ぶ勢いだった。今後のドイツ政治に大きな影響を与えていくとみられる。

 

AfDのスポークスマン、バスティアン・ベーレンス(Bastian Behrens)氏に、同党躍進の背景について聞いた。

(聞き手:藤井幹久・幸福の科学国際政治局長)

 

◆         ◆         ◆

 

ドイツを襲った難民問題

──「ドイツのための選択肢(AfD)」が勢力を伸ばしています。

ベーレンス氏(以下、ベ): 第一の理由は、2015年に起きた難民の問題です。当時、100万人以上の難民がドイツに押し寄せましたが、その多くが不法移民でした。しかし、メルケル政権は国境を守る姿勢を見せなかったので、国民の怒りが非常に高まりました。AfDは、この問題に焦点を当てた唯一の政党だったのです。

 

 

──移民問題では独自のスタンスをとっています。

ベ: ドイツでは、大量の不法移民が入ってきたことで、殺人、強盗、レイプなど、あらゆる犯罪が起きています。100万人もの難民が"招かれて"ドイツに入ってきたことが原因です。

 

ただ、強調しておきたいのですが、私たちはよそ者を排斥したいと考えているのではありません。不法移民を受け入れるべきではないと考えているのです。他の政党の政治家からは、「あなた方はレイシスト(人種差別主義)だ」とよく言われます。しかし、そうした見方は正しくないと考えます。私たちは法律を守り、秩序を守りたいだけなのです。

 

ドイツの保守勢力は、日本の移民政策をとても評価しています。日本は、違法な移民を入国させたりしないからです。日本では不法移民や不法移民の犯罪などの問題は、本当にごくわずかです。

 

AfDが支持を集めている第二の理由は、ドイツ政治における過去20年にわたる問題です。

 

キリスト教民主同盟(CDU)、社会民主党(SPD)、自由民主党(FDP)などの既成政党がありますが、AfDの立場から見れば、どの政党の政策も、あまり大きな違いがあるとはいえません。まるで一つの政党であるかのように見えます。

 

そこで、ドイツ人は「何か他に違う政党が必要だ。オルタナティブ(選択肢)がほしい」と考えたのです。

 

 

EUとユーロは崩壊するのか

──EUに対しても批判的なスタンスを取られています。

ベ: AfDは、国民国家としてのドイツを取り戻したいのです。フランスも、イタリアも、スペインも国民国家ですが、さらにその上にEUがあります。しかし、EUに「これはしてもいい」「これはしてはいけない」と決めてもらいたくはないのです。私たちは"ヨーロッパ"に反対しているのではなく、"ヨーロッパ連合(EU)"に反対しているのです。

 

 

──共通通貨ユーロにも反対のスタンスです。

ベ: ヨーロッパの多くの国々、特に南ヨーロッパの国々の経済は、ユーロに見合っていません。こうした国々の経済の実態に比して、ユーロは強すぎます。自国通貨があった時代には、経済の実態に合わせるために、自国通貨を切り下げることができました。そうすることで、経済が上手くいくように調整できたのです。

 

しかし、今はそれができなくなっています。たとえば、失業率が高い国も、通貨での調整ができません。だから、共通通貨ユーロには問題があるのです。

 

 

──南ヨーロッパ諸国はドイツ経済に依存しているということですか。

ベ: そうです。ギリシャの問題を解決するために、ドイツが財政負担をしました。ドイツで集めた税金を、南ヨーロッパの人たちのために使っているのです。本来であれば、ドイツで集めた税金は、ドイツのために使うべきです。

 

ドイツの経済力があるから、共通通貨ユーロが機能しているにすぎません。もう、これ以上、ドイツはこうしたことを続けられません。南ヨーロッパ諸国は、いずれ破綻することになります。EUも失敗に終わるでしょう。

 

 

ドイツ政治の新しい可能性

──今後の展望は。

ベ: これまで、AfDは連立政権には参加していません。しかし、いずれ数年のうちには、連立政権への参加を要請される可能性はあります。旧東ドイツの地域では、すでに10~20%の支持を受けているからです。ザクセン州のように20%以上の地域もあります。AfDは、正当な政治勢力として、もはや無視できない存在になっています。

 

 

──その歴史的な背景について教えてください。

ベ: 30年前に平和的な革命で、共産党政権が倒れました。東ドイツの人たちには、まだ、その記憶があります。だから、社会主義政党はまっぴらだと思っています。また、戦後の西ドイツでは、アメリカ主導で経済は豊かになりましたが、ドイツ人のアイデンティティーが失われてしまっているのです。

 

第二次世界大戦の前、ドイツ人には間違いなく肯定的な国家認識がありました。しかし大戦後、ドイツ人は肯定的な国家認識を持つことができずにいます。

 

私たちがドイツの国家意識が必要だと訴えても、左翼の政党や政治家が抑制してきます。ドイツの国家意識は、「戦争の時の過ちはもう二度と繰り返さない」「私たちは覇権国家でなくてもいいから、より良い国民でありたい」という程度のものだと主張するのです。

 

ドイツは、偉大な哲学者や音楽家など、多方面に優れた人材をたくさん輩出してきた国です。もちろん悪い歴史もありますが、それはドイツの歴史の中のほんの一部分であり、記憶すべき立派な歴史がたくさんあります。

 

私たちはこれからも、ドイツ人が正当な国家意識を持ち、国民国家となれるよう、活動していきたいです。

 

【関連記事】

2018年10月8日付本欄本欄 大川総裁がドイツ・ベルリンで講演 人種差別を克服して輝ける未来を拓く神の愛

https://the-liberty.com/article.php?item_id=14966

 

2014年9月号 日本とドイツもう謝罪は要らない - 日独は「誇り」を取り戻せ Part1

https://the-liberty.com/article.php?item_id=8170

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

タグ: ドイツ  保守政党  AfD   バスティアン・ベーレンス  難民  移民  EU  ユーロ  

Menu

Language