チャーチル、サッチャーが“予言” イギリスは EU離脱で復活する

チャーチル、サッチャーが“予言”  イギリスは EU離脱で復活する

 

2020年1月号記事

 

チャーチル、サッチャーが"予言"

 

イギリスは EU離脱で復活する

 

EU離脱で揺れるイギリスは、どこに向かっているのか。

(編集部 飯田知世)

 

 イギリスが、欧州連合(EU)から離脱できずにいる。

 ボリス・ジョンソン英首相は10月末までの離脱を目指していたが、英議会の承認を得られなかった。離脱期限を2020年1月末に延期。延期は3回目となるイギリスに、EUからは「延期はこれが最後」と決断を促す声もある。

 イギリスは16年の国民投票で離脱を決めたが、膠着状態が続いている。こうした事態を受け、ジョンソン氏は今年11月、英下院議会を解散。12月12日の総選挙で、改めて有権者にEU離脱の是非を問う。ジョンソン政権は、総選挙で与党・保守党の議席を増やし、EU離脱を円滑に進めるつもりだ。

 

 

離脱は良いことなのか?

 英議会が今回否決した離脱協定案は、ジョンソン政権が今年、EUと新たに取りまとめたもの。最大の特徴は、離脱後のイギリスが、EUの関税ルールから外れるものの、イギリスの一部である北アイルランドは、当面、EUの関税ルールに留まることだ。

 離脱が決まれば、2020年末までを離脱の移行期間とし、その間にイギリスとEUは自由貿易協定(FTA)を結ぶ予定だった。

 これからも紆余曲折がありそうだが、そもそもイギリスにとって、EU離脱は良いことなのか。それとも、悪いことなのか。その糸口を探すと、チャーチルとサッチャーという2人の首相が、この問題について″予言"していたことが分かった。

 

 

ジョンソン首相が描くEU離脱の道のり

12月、下院議会総選挙

  ↓

保守党勝利?

  ↓

EUとFTAを締結?

  ↓

EU離脱?

 

続きは2ページ目以降へ(有料記事)

 

 

次ページからのポイント

チャーチルがEU離脱問題を"予言"

サッチャーが指摘したEUの問題点

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2020年1月号記事  イギリス  EU  離脱  欧州連合  ジョンソン首相  自由貿易協定  FTA  チャーチル  サッチャー  中国  一国二制度  

Menu

Language