実は日本にも多い同性愛者 オスカー・ワイルドが教える「本物の愛」とは

 

世界的に、LGBT(女性同性愛者、男性同性愛者、両性愛者、性別超越者の総称)に配慮する動きが進んでいます。

 

例えば2020年の東京オリンピック・パラリンピックでも、LGBTに配慮した取り組みが予定されています。これは、女性アスリートに同性愛者が多いとされることを踏まえてのことです。

 

電通ダイバーシティ・ラボが今年1月に発表した調査(対象数6229人)によると、2015年ではLGBTのことを知っている人の割合は約38%だったのに対し、2018年では約69%にまで増えています。

 

また日本におけるLGBT層の割合は、2018年の調査で約9%。100人いたら9人がLGBTということですから、かなりの割合です。ただし、そのうち約65%の人が「誰にもカミングアウトしていない」と答えています。

 

大川隆法・幸福の科学総裁はこのほど、同性愛者的な傾向があったアイルランド出身の作家、オスカー・ワイルド(1854~1900年)の霊言を収録しました。

 

ワイルドは、童話『幸福な王子』や長編小説『ドリアン・グレイの肖像』、戯曲『サロメ』、評論『社会主義下の人間の魂』など、宗教的な内容を含んだ作品を数多く残した人物です。しかし、『サロメ』の英訳者である青年ダグラス卿との同性愛関係が問題になり、重労働と禁固2年の実刑判決、破産宣告を受け、最後はパリの陋屋で窮死しました。

 

果たして、同性愛は完全な悪なのでしょうか。ワイルドの霊言を元に、「本物の愛とは何か」を考えてみましょう。

 

2ページ目から全文をお読みいただけます

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

2019年9月22日 デイリーニュースクリップ一覧


Menu

Language