国連で演説 「中国臓器収奪問題に取り組むのは国連加盟国の責務」

国連で演説 「中国臓器収奪問題に取り組むのは国連加盟国の責務」

(「End Organ Abuse」(YouTube)よりスクリーンショット)

 

ハーミッド・サビ弁護士が9月下旬、中国の臓器収奪問題について、国連人権理事会で演説しました。サビ氏は、昨年から今年にかけてイギリスで行われた「中国臓器収奪問題の民衆法廷」の顧問弁護士です。

 

以下、演説の一部を抜粋します。

 

「(人種差別に関する)ダーバン宣言は『あらゆる形態の人身売買の防止・撲滅・排除が緊急に要される』ことを断言しています。臓器売買も含まれます。『中国の良心の囚人からの強制臓器収奪に関する民衆法廷(*)』は、入手可能なすべての証拠を考慮し、以下の結論を導きました。

 

良心の囚人からの強制臓器収奪は、宗教および民族の少数派である法輪功とウイグル人を含めて、かなりの規模で何年にもわたり中国全土で行われてきており、今日も続いている。数十万人の犠牲者を巻き込んでいる。独立した法的アドバイスという立場から、本法廷は法輪功およびウイグルに対する『人道に反する犯罪』が行われていることが合理的な疑いの余地なく実証されたと、帰結しました。(中略)

 

非がなく害もなく温厚に生きている人々から、心臓その他の臓器を切り出すことは、今世紀最悪の大規模な虐殺に数えられます。生命を救う臓器移植は科学的・社会的な功績です。しかしドナーの殺害は犯罪です。政府および国際機関は、ジェノサイド罪の可能性に関してのみでなく、人道に反する犯罪に関しても義務を果たすべきです。(中略)この犯罪行為に取り組むことは、国連加盟国の法的責務であり、この理事会の義務です」

(*) 民衆法廷とは、NGOや市民が設置する模擬法廷のこと。判決に法的拘束力はないが、その影響力は大きい。

 

【関連映像】(日本語字幕付き)

https://youtu.be/oP7KJ5tey4o

 

中国は国連で拒否権を持っているため、国連で中国を裁くのは難しいところがあります。ただ各国は、中国の臓器収奪問題に対して、批判の声を上げ始めています。

 

2ページ目から全文をお読みいただけます

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 中国  国連  演説  臓器  ハーミッド・サビ  民衆法廷  人権  囚人  ウイグル  

Menu

Language