rss

タグ「臓器」の記事一覧

  • 国連で演説 「中国臓器収奪問題に取り組むのは国連加盟国の責務」

    2019.10.10
    国連で演説 「中国臓器収奪問題に取り組むのは国連加盟国の責務」

    (「End Organ Abuse」(YouTube)よりスクリーンショット)   ハーミッド・サビ弁護士が9月下旬、中国の臓器収奪問題について、国連人権理事会で演説しました。サビ氏は、昨年から今年にかけてイギリスで行われた「中国臓器収奪問題の民衆法廷」の顧問弁護士です。   以下、演説の一部を抜粋します。   「...

  • ウイグル人100万人が臓器を奪われる危機? 人権弾圧の実態 Report

    2018.05.29
    ウイグル人100万人が臓器を奪われる危機? 人権弾圧の実態 Report

    4月末にベルギーのブリュッセルで行われたウイグル人団体による抗議デモ。   2018年7月号記事   中国共産党の人権弾圧 「投獄され、拷問され、臓器を取られた」 神を信じると「罪」になる国 Part2 大国然として振舞う中国だが、その内実は、過酷な人権弾圧が続く「監獄国家」だ。 先月号に引き続き、その実態に...

  • 脳死の人は、まだ死んでいない【動画】

    2010.10.20
    脳死の人は、まだ死んでいない【動画】

    次々と、死んでない人(脳死状態)から臓器が摘出される (写真はイメージ)   イントロダクション:一気に9倍に増えた脳死臓器移植手術 ― 臓器提供意思表示カードに記入する前に知っておきたいこと ― (この問題に関する大川隆法総裁の説法【動画】の一部は、3ページ目)   ※動画は携帯電話ではご覧いただけません。 携帯...

  • 人体再生神話に挑む

    2010.08.02
    人体再生神話に挑む

    2010年10月号記事   ここまで来た「再生医療」最前線 急速に進歩を続ける再生医療。この分野では、世界の中でも特に日本人研究者たちの活躍が目立つ。このほど開発された新型万能細胞「TiPS細胞」もその一つだ。一方、アメリカでは、失った体の一部を再生させる「魔法の粉」が注目を集めている。細胞に眠る未知の可能性を引き出すことで、医学の進歩はどこまで進むのだろう...

  • 脳死臓器移植推進の前提として  霊的真実にも目を向けよ

    2009.05.21
    脳死臓器移植推進の前提として 霊的真実にも目を向けよ

      2009年7月号記事 オピニオン 活発化する法改正の動き   「今国会で方向・筋道をきちんとつけて、日本人が海外からの臓器移植に過大に頼ることを避ける措置を取っておく必要がある」 自民党の細田博之幹事長は5月8日の記者会見で、臓器移植法改正案の成立を今国会で目指すべきだとの考えを示した。 現行法は1997年10月...

  • 「移植」に代わる先端医療を追う

    2004.07.06
    「移植」に代わる先端医療を追う

      2004年9月号記事 重症患者への救いの手   「移植」に代わる先端医療を追う ──人工臓器と再生医療   脳死臓器移植の是非が論議されるなかで代替医療への関心が高まっている。 脳死臓器移植に代わる医療は、いかにあるべきか? 心臓を中心に、開発・実用化の進む人工臓器と夢の治療法と言われる再生医療...

  • 臓器移植大国  アメリカのジレンマ  「日本は今ならやめられる」

    2004.05.06
    臓器移植大国 アメリカのジレンマ 「日本は今ならやめられる」

    2004年7月号記事 脳死の権威が次々に主張を転換 臓器移植大国  アメリカのジレンマ  「日本は今ならやめられる」      国民すべてを「ドナー候補」にする臓器移植法改正案 自民党調査会は臓器移植法の改正案をまとめ、6月中旬までの通常国会か秋の臨時国会に提出する方針だ。改正案は、現行法の柱...

  • 死んだらどうなる!?

    2004.04.01
    死んだらどうなる!?

    2004年6月号記事   『永遠の生命の世界』緊急発刊特集 臓器移植法の見直しが論議される中で改めて「脳死は人の死か」が問われている。 これは、人間の生と死についての根源的な疑問の一つといえる。 このほど発刊された『永遠の生命の世界』(大川隆法著・幸福の科学出版) で...

  • 人身売買される子供たちを知っていますか2

    2003.08.04
    人身売買される子供たちを知っていますか2

      2003年10月号記事   シリーズ 人身売買される子供たちを知っていますか2 だまされて日本に連れてこられる少女たち  今、日本がアジア最大の「人身売買受け入れ国」になっているという。 性産業で働く外国人女性のなかに誘拐同然で日本に送られてきた人身売買の被害者がいるのだ。 しかも、そのなかには少女も数...

  • 脳死と臓器移植の問題点(後編)

    1997.06.01
    脳死と臓器移植の問題点(後編)

    1997年8月号   幸福の科学総裁 大川隆法 緊急書き下ろし 「ザ・リバティ」-1997年8月号より      あの世で困惑する、臓器提供者 ...

Menu

Language