『南京』登録で重大な問題が発覚か ユネスコ記憶遺産について8日に会見

『南京』登録で重大な問題が発覚か ユネスコ記憶遺産について8日に会見

 

ユネスコ記憶遺産に中国の「南京大虐殺」資料が登録された問題で、この登録プロセスに重大な問題があったことが判明したとして、歴史問題に精通する藤岡信勝・拓殖大学客員教授と、釈量子・幸福実現党党首が8日午後1時から、東京・赤坂で会見を開き、その内容について発表する。

 

7日に報道各社に告知されたプレスリリースなどによると、今月2日、藤岡氏、釈氏らの代表者が、パリのユネスコ本部に、記憶遺産の改革の提案書を提出した。

 

ところが、この提案書の作成・提出の過程で、関係者の情報により、中国の「南京大虐殺」資料の登録プロセスに重大な問題があったことが判明した、という。

 

この提案書には、共同提案者として、藤岡氏、釈氏のほか、近現代史研究家の阿羅健一氏、ノンフィクション作家の河添恵子氏、近現代史研究家の水間政憲氏、「史実を世界に発信する会」事務局長の茂木弘道氏の6人が名を連ねた。

 

同党の関係者は、「幸福実現党がつかんだ情報は、信じられないようなユネスコ記憶遺産の登録プロセスと、何が『南京』登録の決め手となったのか、という点」と話している。

 

これまで同党は、中国の「従軍慰安婦」資料に対する反論も含め、今年4月から9月にかけて、4回にわたる反論書を作成。延べ100人を超える有識者の賛同を得て、ユネスコ記憶遺産事務局に申し入れを行ってきた。

 

なお、会見の様子は、ネットオピニオン番組「ザ・ファクト」が、ニコニコ生放送(http://nico.ms/lv244395303)で生中継を行う予定(視聴は無料だが、事前登録が必要)。

 

【関連記事】

2015年11月9日付Web記事 マスコミの黙殺が招いた、ユネスコ記憶遺産への「南京」登録

http://the-liberty.com/article.php?item_id=10439

 

2015年11月1日付Web記事 ユネスコ記憶遺産 歴史ねつ造をとめなかった「不作為」の罪 岸田外相の責任を問う

http://the-liberty.com/article.php?item_id=10409

 

2015年12月号本誌記事 ユネスコの誤審 「南京」記憶遺産 決定の舞台裏 - 現地ルポ× 8カ月追跡取材

http://the-liberty.com/article.php?item_id=10348

 

2015年12月号本誌記事 「南京」登録で 中国の反日は活気づく ノンフィクション作家 河添恵子 - ユネスコの誤審

http://the-liberty.com/article.php?item_id=10336

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

タグ: ユネスコ記憶遺産  中国  南京大虐殺  資料  登録プロセス  藤岡信勝  釈量子  幸福実現党  阿羅健一  河添恵子  水間政憲  茂木弘道  

Menu

Language