rss

タグ「ドラッカー」の記事一覧

  • 部門対立の解消には「認識力の限界突破」が必要 - 未来への羅針盤

    2020.12.24
    部門対立の解消には「認識力の限界突破」が必要 - 未来への羅針盤

    組織は目標達成を掲げ、それぞれの部署で取り組みますが、自部署の目標達成に思いが向くあまり、部門同士の利害対立が見られがちです。広く組織全体を見るリーダーシップについてご教示ください。

    ...

  • 大恐慌時代が求めるリーダーとは Part 3 - 新しい時代の英雄は大恐慌から生まれる

    2020.06.29
    大恐慌時代が求めるリーダーとは Part 3 - 新しい時代の英雄は大恐慌から生まれる

    写真:Fujifotos/アフロ   2020年8月号記事   大恐慌時代が求めるリーダーとは   新型コロナウィルスの感染拡大で、世界は大混乱に陥っている。 危機の時代を乗り越えるにはどうすべきか。 次の時代を拓くリーダーの条件を探った。 (編集部 山本慧、山本泉)   ...

  • 「香港国家安全法」で、習近平は賭けに敗れる!?

    2020.05.24
    「香港国家安全法」で、習近平は賭けに敗れる!?

    写真:Alessia Pierdomenico / Shutterstock.com   《本記事のポイント》 「香港国家安全法」は「逃亡犯条例」改正案より危険  習近平政権の賭け──「成長」を捨て「膨張」に進む  中国が「踊らされている」可能性も     「...

  • 【書評】評論家・宮崎正弘氏が最新刊『「コロナ以後」中国は世界最終戦争を仕掛けて自滅する』で語る"米中戦争"の行方

    2020.05.19
    【書評】評論家・宮崎正弘氏が最新刊『「コロナ以後」中国は世界最終戦争を仕掛けて自滅する』で語る"米中戦争"の行方

      『「コロナ以後」中国は世界最終戦争を仕掛けて自滅する』 宮崎正弘著 徳間書店 日本有数のチャイナ・ウォッチャーである評論家・宮崎正弘氏が、最新刊『「コロナ以後」中国は最終戦争を仕掛けて自滅する』で、米中冷戦の今後の展開を予測している。   宮崎氏は、この本の冒頭で、コロナ以後の世界の大き...

  • コロナで米中開戦!? 霊言で読む世界情勢

    2020.05.11
    コロナで米中開戦!? 霊言で読む世界情勢

      新型コロナウィルスは、中国発か、否か──。   発生源をめぐり、アメリカと中国の対立が先鋭化しています。   トランプ大統領は6日、コロナについて「われわれが経験した中で最悪の攻撃だ」と述べ、中国を批判。米中全面対決の様相を呈し始めています。   大川隆法・幸福の科学総裁によるコロナに関する霊...

  • 成功する起業家の条件(前編) - 未来への羅針盤

    2020.03.30
    成功する起業家の条件(前編) - 未来への羅針盤

    写真提供:ピクスタ   2020年5月号記事   個人の人生、社会、国家、人類、地球そして宇宙。すべてを幸福な未来へ導くための羅針盤として、ワールド・ティーチャー(世界教師)大川隆法総裁の質疑応答をお届けしてまいります。   大川隆法 未来への羅針盤 No.279   成功する起業家の条...

  • 「老人ホームの代わりに大学へ」 アメリカで広がる新たなシニアライフ

    2019.12.31
    「老人ホームの代わりに大学へ」 アメリカで広がる新たなシニアライフ

      アメリカのシニア層の中に、「老人ホームの代わりに大学の中に住む」という人々が現れています。   アメリカでは、高校を卒業する生徒の数は2025年をピークに減っていくことが予想されています。そこで各大学が進めているのが「高齢者用住宅」の建設です。大学にとっては、土地という資産を生かし、財務を安定させるための戦略の一つです。   ...

  • 「はじまり」としての香港革命─『共産党宣言』と唯物論国家を葬り去る - 編集長コラム

    2019.09.29
    「はじまり」としての香港革命─『共産党宣言』と唯物論国家を葬り去る - 編集長コラム

    写真:ロイター/アフロ   2019年11月号記事   編集長コラム Monthly  Column   「はじまり」としての香港革命 ──『共産党宣言』と唯物論国家を葬り去る   香港市民は中国共産党が繰り出す巨大な「暴力」に立ち向かっている。香港警察は中国共産党が事...

  • 現状を打ち破る努力 - 大きな理想を実現する方法(後編)

    2018.06.30
    現状を打ち破る努力 - 大きな理想を実現する方法(後編)

    写真:voyata/PIXTA(ピクスタ)   2018年8月号記事   個人の人生、社会、国家、人類、地球そして宇宙。すべてを幸福な未来へ導くための羅針盤として、ワールド・ティーチャー(世界教師)大川隆法総裁の質疑応答をお届けしてまいります。   大きな理想を実現する方法(後編) 現状を打ち破る努力 ...

  • アメリカで「定年」は違法、奈良時代の「定年」は70歳

    2018.04.12
    アメリカで「定年」は違法、奈良時代の「定年」は70歳

      《本記事のポイント》  ドラッカーも訴えた定年の廃止 「養老律令」では定年70歳!?  病気、認知症、うつ、景気後退……「定年」の負の側面   「定年65歳」時代への取り組みが、官民で進んでいる。   政府は、2019年の通常国...

Menu

Language