脳死と臓器移植の問題点(後編)

脳死と臓器移植の問題点(後編)

1997年8月号

 

幸福の科学総裁 大川隆法 緊急書き下ろし 「ザ・リバティ」-1997年8月号より 

 

 

あの世で困惑する、臓器提供者

 先月号では、「魂こそが人間の本体であり、脳死状態で臓器移植を行なった場合、臓器を提供した側とされた側とのあいだで、憑依現象が起こる」ということを述べましたが、今月号では、まず、臓器の提供者はあの世でどうなるかについて述べたいと思います。

 

「自由の創設」のために報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 脳死  臓器  移植  唯脳論  唯物論  宗教  あの世    潜在意識  正論  医学  戦後      マルクス  法案    欧米  キリスト  デカルト  仏教  

Menu

Language