rss

タグ「医学」の記事一覧

  • 病気が治る奇跡のメカニズム 医学の力と心を正す努力の両輪が必要

    2019.03.05
    病気が治る奇跡のメカニズム 医学の力と心を正す努力の両輪が必要

      幸福の科学では、教えによって自分の心を正し、神仏への祈願をすることによって病気が治る奇跡が数多く報告されています。   「病は気から」という格言がありますが、病気は心と深い関係があります。 周りの人を見ても、他人への恨みや絶望感で心が満たされている人は病気になりがちですが、常にポジティブな気持ちで生きている人は病気にかかりにくいという&...

  • 日本発 世界を救う「幸福学」 Happiness Theory Saves The World

    2014.09.30
    日本発 世界を救う「幸福学」 Happiness Theory Saves The World

    2014年11月号記事   日本発   Happiness Theory Saves The World 世界を救う「幸福学」   立宗以来、1700冊を超える著書を世に問い続けている大川隆法・幸福の科学総裁。その教えは、すべて人々の幸福を実現するためのものである。大川総裁の説く「幸福学」とはどのようなもの...

  • 脳死の人は、まだ死んでいない【動画】

    2010.10.20
    脳死の人は、まだ死んでいない【動画】

    次々と、死んでない人(脳死状態)から臓器が摘出される (写真はイメージ)   イントロダクション:一気に9倍に増えた脳死臓器移植手術 ― 臓器提供意思表示カードに記入する前に知っておきたいこと ― (この問題に関する大川隆法総裁の説法【動画】の一部は、3ページ目)   ※動画は携帯電話ではご覧いただけません。 携帯...

  • 人体再生神話に挑む

    2010.08.02
    人体再生神話に挑む

    2010年10月号記事   ここまで来た「再生医療」最前線 急速に進歩を続ける再生医療。この分野では、世界の中でも特に日本人研究者たちの活躍が目立つ。このほど開発された新型万能細胞「TiPS細胞」もその一つだ。一方、アメリカでは、失った体の一部を再生させる「魔法の粉」が注目を集めている。細胞に眠る未知の可能性を引き出すことで、医学の進歩はどこまで進むのだろう...

  • 進歩する医療の光と影

    2005.08.07
    進歩する医療の光と影

    2005年10月号記事 医学における唯物論は克服できるか 進歩する医療の光と影   脳死臓器移植や安楽死・尊厳死の問題、さらには人工臓器の可能性── 進歩する医療のなかで、人間の誕生と死をめぐって揺れる生命倫理の問題をどう考えるべきか。その現状をレポートし、あるべき姿を考えた。      ...

  • 死んだらどうなる!?

    2004.04.01
    死んだらどうなる!?

    2004年6月号記事   『永遠の生命の世界』緊急発刊特集 臓器移植法の見直しが論議される中で改めて「脳死は人の死か」が問われている。 これは、人間の生と死についての根源的な疑問の一つといえる。 このほど発刊された『永遠の生命の世界』(大川隆法著・幸福の科学出版) で...

  • 自閉的な人をサポートするには(後編)

    2004.03.06
    自閉的な人をサポートするには(後編)

    2004年5月号記事   対機説法シリーズ 人生の羅針盤 第87回 幸福の科学総裁 大川隆法   質 問 息子が自閉的で、社会に出ても人間関係がうまくいきません。 家族として、どのようにサポートしていけばいいのでしょうか。   宗教家の生活は引きこもりにも似ている 先月号では、「仏教...

  • 自閉的な人をサポートするには(前編)

    2004.02.06
    自閉的な人をサポートするには(前編)

    2004年4月号記事   対機説法シリーズ 人生の羅針盤 第86回 幸福の科学総裁 大川隆法   質 問 息子が自閉的で、社会に出ても人間関係がうまくいきません。 家族として、どのようにサポートしていけばいいのでしょうか。   努力すれば人間は変わる 自閉症といわれたとしても、ほんと...

  • 脳死と臓器移植の問題点(後編)

    1997.06.01
    脳死と臓器移植の問題点(後編)

    1997年8月号   幸福の科学総裁 大川隆法 緊急書き下ろし 「ザ・リバティ」-1997年8月号より      あの世で困惑する、臓器提供者 ...

  • 脳死と臓器移植の問題点(前編)

    1997.05.01
    脳死と臓器移植の問題点(前編)

    1997年7月号記事   幸福の科学総裁 大川隆法 緊急書き下ろし 「ザ・リバティ」-1997年7月号より    唯脳論は、「医学のマルキシズム」 先ごろ、国会で「脳死は人...

Menu

Language