rss

タグ「死」の記事一覧

  • コロナで浮き彫りになる「死生観」 アメリカ保守はなぜ死を恐れないのか

    2020.06.07
    コロナで浮き彫りになる「死生観」 アメリカ保守はなぜ死を恐れないのか

      5月30日付の本欄では、新型コロナウィルスの感染拡大により、アメリカで共和党と民主党の政治信条の違いが浮き彫りになっていることを報じました(「共和党vs.民主党 米大統領選でヒラリー支持の地域、コロナ死亡率がトランプ派の3倍」)。   その中で、米ニューヨーク・タイムズ紙が、「民主党支持者が多い地域はコロナの死亡率が高い」という統計データに対す...

  • 「武士道と云うは、死ぬ事と見付けたり」を現代に置きかえると、何になる?

    2019.11.08
    「武士道と云うは、死ぬ事と見付けたり」を現代に置きかえると、何になる?

      「武士道と云うは、死ぬ事と見付けたり」   『葉隠』(佐賀藩士・山本常朝著)に登場する有名な一節だ。武士道の神髄を示すものとして、多くの日本人が知る名文だろう。   同書は、江戸時代の中期に「戦をしなくなった武士が、どう生きるべきか」を考え、武士の道を定義したものだ。その後、日本独自の精神を世界に広げたのが、国際連盟の...

  • もう一度会いたい幽霊の話 死は永遠の別れではない

    2019.03.12
    もう一度会いたい幽霊の話 死は永遠の別れではない

      東日本大震災から8年が過ぎた11日、被災地をはじめ、全国ではさまざま追悼や慰霊の行事が行われた。   現代社会は、「霊」や「あの世」について語られることが少ないが、その部分への理解がなければ、亡くなった人々の魂や遺族の心を本当の意味で慰霊・救済することは難しいだろう。   今回、本欄では、「死は永遠の別れではない」とい...

  • 揺らぐ「脳死は人の死」 Part.2 アメリカでも揺らぐ「死」の定義

    2017.09.29
    揺らぐ「脳死は人の死」 Part.2 アメリカでも揺らぐ「死」の定義

      2017年11月号記事   衝撃レポート   揺らぐ「脳死は人の死」 脳死宣告から3年、娘の身長は11センチ伸びた   ドクターヘリによる救命医療を描いたドラマ「コード・ブルー」でも注目を集めた 脳死者からの臓器移植。果たしてこれが正しいのか、 日米の医療の現実を元に考...

  • どうする? 親の老後「幸せな介護」のすすめ

    2016.09.29
    どうする? 親の老後「幸せな介護」のすすめ

      2016年11月号記事   どうする? 親の老後 「幸せな介護」のすすめ   平均寿命が延び、超高齢社会の中、誰もが直面する介護の問題。 「介護は大変」という常識を変える「幸せな介護」のための考え方を学びます。 (編集部 小川佳世子、小林真由美) 写真:岡本淳志   ...

  • 死ねば楽になれると思ったら……【動画】

    2011.05.27
    死ねば楽になれると思ったら……【動画】

    写真は、自殺防止ドラマ「自殺してはいけない本当の理由 -After Suicide-」より 【動画は1~4ページ目】   「もう学校に行きたくない」 母親に涙ながらに訴えた2日後、小さな子どもが傷ついた心のまま自らの命を絶った。 群馬県桐生市の市立新里東小6年、上村明子さん(12)が同級生などによるいじめが原因とされる自殺をしたのは1ヵ月前の10月2...

  • 【マスコミが伝えない新宗教】Part.5 それでも宗教を信じる理由

    2010.10.05
    【マスコミが伝えない新宗教】Part.5 それでも宗教を信じる理由

      2010年12月号記事   さまざまな角度から新宗教主要5教団の実情を見てきた。 ひと口に新宗教と言っても、信者数や資金規模だけではなく、教祖のホンネや教義、信者の活動形態などを見ていけば、それぞれの教団に特徴があり、大きな違いがあることが分かる。   それにしても、日本社会には、宗教に関する知識が流通せず...

  • いじめを隠すな!

    2010.01.08
    いじめを隠すな!

    2010年3月号記事   いじめを隠すな!   ──うるま市・中学生集団暴行死の教訓     昨年11月、沖縄で中学2年生の少年が同級生らに暴行され、亡くなった。 背景には、いじめ的行為に対する学校側の不十分な取り組みがあった。 現地で事件の跡を追い、再発防止のためには何が必要かを...

  • 「死をめぐる諸問題」

    2006.10.10
    「死をめぐる諸問題」

      2006年12月号記事 宗教学のいま   現在、宗教学界では、「死」そのものや、「死後の生命」「スピリチュアルケア」(注)といった「死をめぐる諸問題」に関心が集まっている。 宗教研究のための全国的な学術団体として、もっとも包括的な組織である日本宗教学会の学術大会から、昨今の宗教学事情をレポートする。   ...

  • 「幽体離脱」を科学する

    2006.08.10
    「幽体離脱」を科学する

      2006年10月号記事 死後の世界はあるのか? “霊界旅行”を体験した人びと   あなたや周りの人にこんな体験はないだろうか。 「夜寝ていて気がつくと目の前のベッドで自分が寝ていた」 「事故で意識を失っている間に不思議な世界を見てきた」 話には聞くが現代科学では説明できないこうした...

Menu

Language