次期衆院選、幸福実現党の淵脇弘美氏が九州比例での出馬を表明

次期衆院選、幸福実現党の淵脇弘美氏が九州比例での出馬を表明

記者会見を開く淵脇氏(右)。

 

幸福実現党の淵脇弘美(ふちわき・ひろみ)氏が4日、長崎県庁で記者会見を開き、同党の公認候補として、次期衆院選の比例九州ブロック3位での立候補を表明した。

 

出馬の意向を示した淵脇氏は、このように意気込みを語った。

 

「私は、長崎が益々発展し、安心して暮らせる街になることを心から願っています。今、佐世保では、カジノを含めた統合型リゾート(IR)の誘致計画が議論されています。しかし、カジノを誘致すれば、治安や子供達の教育環境が悪化するでしょう。地元長崎の魅力を活かし、日本のために貢献したいと思っています」

 

 

幸福実現党の5つの主要政策

同党は、次期衆院選に向けて5つの政策を打ち出している。主旨は次の通り。

 

(1)「日本版トランプ減税」で、繁栄を創出

  • 働く個人の幸福実現 所得税、住民税、消費税、社会保険料等の合算が所得に占める「国民負担率」を、現在の約42%から20%台に引き下げる。

  • 中小企業の幸福実現 法人税の実効税率15%に大減税。節税対策にかかる企業の労力を軽くする。

  • 家庭の幸福実現 相続税・贈与税ゼロで、事業承継と子孫繁栄を応援する。

  • 年金は積み立て型にし、全世代に公平な年金制度にする。

 

(2)年5%の経済成長で2035年までにGDPを倍増

  • 適切な規制緩和で民間の力を最大化。結果、雇用が増え、公共料金も安くなる。

  • インフラと未来産業(宇宙、ロボット、新エネルギー等)に10年で200兆円を投資する。

  • 製造業の国内回帰で「メイド・イン・ジャパン」の復活を。

 

(3)子育て減税と質の高い教育で人材輩出

  • 家庭環境にかかわらず質の高い教育を受けられるようにする。
  • 子供の数に応じて所得税を減税する。

 

(4)中国の脅威から平和と人権を守る

  • 中国の覇権主義に対して「自分の国は自分で守る」、当たり前の国にする。
  • 防衛予算を倍増させ、国産原子力潜水艦、戦闘機開発を進める。

 

(5)日本の憲法は日本人が創る

  • 第一歩として憲法9条の改正を目指し、主権国家として当たり前の姿に戻す。
  • 「自由、民主、信仰」を尊重した、精神性の高い新しい憲法の制定を目指す。

 

【関連サイト】

幸福実現党公式HP

https://hr-party.jp

 

【関連書籍】

『幸福実現党宣言』

『幸福実現党宣言』

大川隆法著 幸福の科学出版

 

【関連記事】

2020年1月26日付本欄 【速報】福島県小野町議選で幸福実現党公認の会田氏が当選 公認地方議員は39人に

https://the-liberty.com/article.php?item_id=16752

 

2019年12月23日付本欄 幸福実現党 釈量子党首が衆院選に向けて記者会見 第一次公認決定者を発表

https://the-liberty.com/article.php?item_id=16623

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

タグ: 衆院選  九州  幸福実現党  淵脇弘美  減税  IR  経済成長  防衛  憲法9条  

Menu

Language