2020-2030 世界を読む - 共産中国、EU、国連「解体」の10年に

2020-2030 世界を読む -  共産中国、EU、国連「解体」の10年に

 

2020年2月号記事

 

共産中国、EU、国連「解体」の10年に

2020-2030 世界を読む

 

世界の枠組みが地殻変動を起こす中、日本は成長戦略を立てなければ、先進国ではいられなくなる。激動の時代を乗り越える方法とは。

(編集部 山本慧、長華子、片岡眞有子、塩澤沙智)

 


contents


 

 日本経済が衰退していることを実感したのは、2019年の夏に、米ニューヨークから帰国した友人と都内で食事をした時だ。

 久しぶりに日本食を食べたいと言う友人と一緒に、900円のランチに行く。魚を一匹使い、ご飯も大盛りに変えられる人気の定食。友人はうれしそうにほおばり、最後に会計を済ませるとこう口にした。

「日本のランチって安いね! このボリュームなら、ニューヨークでは3000円するよ!」

 一瞬、戸惑った。

 900円のランチは決して安くない。聞くとアメリカでは、景気が好調であるため、モノの値段も給料も上がっているという。対する日本はバブル崩壊以降、いまだにモノや給料が下がるデフレから脱却できず、各家庭の財布の紐は堅くなる一方だ。

 平成生まれの筆者(山本)は、一度も好景気を実感したことがなく、「バブル時代は羽振りが良かった」と語る父親の言葉に共感できない。青春時代は、よくハンバーガーを59円で販売していたマクドナルドに友人と入り浸った。思い出はデフレで彩られている。

 

クリックで拡大
図1

2030年には中国のGDPがアメリカを抜く!?

1988年 国連が地球温暖化の対策組織を創設

1991年 バブル崩壊で、日本は失われた30年に突入

1993年 欧州連合(EU)が発足

2010年 中国のGDPが日本を抜く

 

次ページからのポイント(有料記事)

日本は中国に抜かれ、途上国化

日本は世界で唯一「貧困化」していた

GDP2位を奪還する戦略を

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2020年2月号記事  2020世界を読む  景気  バブル  GDP  観光客  物価  鋼鉄の法  貿易  中国  経済成長  貧困  

Menu

Language