虐待死をなくす4つの方法 児童虐待から「親子」を救う

虐待死をなくす4つの方法 児童虐待から「親子」を救う

写真:ピクスタ

 

2019年7月号記事

 

虐待死をなくす4つの方法

児童虐待から「親子」を救う

 

虐待によって多くの子供の命が失われている。昨年度は77人に上った。
どうすれば子供を救えるのだろうか。

(編集部 駒井春香、山本泉)

 

児童相談所は「親」のための機関

 

虐待件数は年々増加している

 

虐待された子供の保護施設は、どこもいっぱい

 

「親の虐待で幼い命が奪われる」という、痛ましい事件が後を絶たない。

 

 今年1月、千葉県野田市で小学4年の栗原心愛ちゃん(当時10歳)が、父親による虐待で亡くなったニュースは、社会に衝撃を与えた。

 心愛ちゃんは3日間、食事も睡眠も与えられず、暴行を受けてショック死。日常的に暴力を振るわれ、下着を下ろされるなど性的虐待も受けていた。

 心愛ちゃんが在学していた小学校近くの公園に、娘と遊びに来ていた40代女性はこう語る。

「子供たちはショックを受けていました。私の娘は心愛ちゃんと同じ年。市内の別の小学校に通っていますが、小学校から何の説明もありませんでした。あえて公にしなかったのでしょうか。心が痛みますし、虐待することは理解できません」

 心愛ちゃんを一時保護した千葉県の柏児童相談所は、父親による暴力や性的虐待の疑いを認識していた。だが、父親は一貫して虐待を否定。心愛ちゃんも落ち着きを取り戻したため、「重篤な虐待でない」と判断し、自宅に戻した。その後、児童相談所(以下、児相)も小学校も、家庭訪問を一度もしなかったという。

 昨年3月には、香川県から東京都目黒区に引っ越してきた船戸結愛ちゃん(当時5歳)が養父に激しく殴られ、命を落とす事件が起きている。「モデル体形にする」と食事を制限されていたため、死亡時の体重は2歳児並みの約12キロだった。

 香川児相から引き継ぎを受けた品川児相は、虐待の危険性を把握していたが、親との関係構築を優先し、すぐに立ち入り調査を行っていない。

 千葉でも東京でも、児相が危険性を把握していながら、子供たちの命を救えなかった。なぜこのようなことが繰り返されるのだろうか。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

現在の児童相談所では虐待を止められない!?

子ども支援センターつなっぐ代表理事 田上幸治氏 インタビュー

幸福の科学 對中講師に聞く「親との関係を振り返る」

体験談「虐待を乗り越えて母の愛に気づきました」

 

 

「自由の創設」のために報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2019年7月号記事  児童相談所  虐待  避難策  子ども支援センターつなっぐ  田上幸治  對中章哲  信仰  太陽の法  大坪久子  著名知識人  

Menu

Language