ウイグル人100万人が臓器を奪われる危機? 人権弾圧の実態 Report

ウイグル人100万人が臓器を奪われる危機? 人権弾圧の実態 Report

4月末にベルギーのブリュッセルで行われたウイグル人団体による抗議デモ。

 

2018年7月号記事

 

中国共産党の人権弾圧

「投獄され、拷問され、臓器を取られた」

神を信じると「罪」になる国 Part2

大国然として振舞う中国だが、その内実は、過酷な人権弾圧が続く「監獄国家」だ。

先月号に引き続き、その実態に迫る。

(編集部 大塚紘子、長華子、小林真由美)

 


contents


 

Part1

 

人権弾圧の実態 Report

ウイグル人100万人が臓器を奪われる危機?

 

「新疆ウイグル自治区の大都市、カシュガルを歩くウイグル人は女性と子供ばかりで、男性はほとんどいません。なぜなら収容所に入れられているからです。私の2人の兄弟と、高齢の父親も拘束され、今どこにいるのか、生きているのかも分かりません」

 4月に来日し、ウイグルの人権状況について講演した、世界ウイグル会議総裁のドルクン・エイサ氏はこう訴えた。

 

 

止まらないウイグル人拘束

 2017年春から、100万人以上のウイグル人が何の罪状もなく身柄を拘束され、「再教育キャンプ」に送り込まれていると報じられている(*1)。

(*1)2018年2月5日付米政府系放送「ラジオ・フリー・アジア(RFA)」。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

「『再教育』とは名ばかりで、その実態はナチス・ドイツの強制収容所そのもの

法輪功学習者への「臓器狩り」

次のターゲットはウイグル人?

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2018年7月号記事  中国共産党  人権弾圧  独裁国家  投獄  拷問  ウイグル  臓器  臓器狩り  法輪功学習者  チベット  信仰  

Menu

Language