rss

タグ「研究」の記事一覧

  • 元米上院議員 UFO研究を現職議員にバトンタッチ

    2019.01.19
    元米上院議員 UFO研究を現職議員にバトンタッチ

      2年前に引退した米上院議員ハリー・リード氏が、地元ネバダ州の公共ラジオ放送NPRのインタビューで、「UFO研究をもっとできるよう現職議員に働きかけている」と語った。ワシントンD.C.の政治専門紙「The Hill」「Roll Call」などが伝えた。     軍パイロットがUFO遭遇を報告できる機関 リード氏は、198...

  • 10年後には日本人のノーベル賞受賞は激減!?「日本の研究力」復活を目指して

    2018.10.30
    10年後には日本人のノーベル賞受賞は激減!?「日本の研究力」復活を目指して

      《本記事のポイント》 日本は26人のノーベル賞受賞者を輩出しているが、10年後は激減する可能性も 研究の背景にある「権威主義」に流される予算配分の仕方 予算を増やすとともに、自由性を高めて競争を促す方針への転換を   京都大学名誉教授の本庶佑氏が、ノーベル生理学・医学賞の受賞者となり、日本中が喜びに包...

  • 未来産業のたまご 第4回 - 人がやらないことをやる──「海中ロボット共和国」の夢

    2016.04.29
    未来産業のたまご 第4回 - 人がやらないことをやる──「海中ロボット共和国」の夢

    浦氏の右のロボットは「BOSS-A」。2016年、水深1500メートルの海底で海底資源のコバルトリッチクラストの厚さを世界で初めて全自動で観測。BOSS-Aを使えば、コバルトリッチクラストの資源量の調査が「簡単に」できるという。   2016年6月号記事   海中ロボット研究者 浦 環 (うら・たまき)九州工...

  • 夢の万能細胞STAP細胞の研究者 小保方氏の本心に迫る

    2014.04.09
    夢の万能細胞STAP細胞の研究者 小保方氏の本心に迫る

      公開霊言抜粋レポート   夢の万能細胞STAP細胞の研究者 小保方氏の本心に迫る 渦中の小保方氏の守護霊が激白 それでも「STAP細胞は存在する!」 2014年4月8日収録 「霊言現象」とは、あの世の霊存在の言葉を語り下ろす現象のこと。これは高度な悟りを開いた者に特有のものであり、「霊媒現象」(トランス状態になって意識を...

  • 製造業の未来はこうなる

    2010.07.02
    製造業の未来はこうなる

    上海万博の日本館でバイオリンを演奏する二足歩行の日本製ロボット   2010年9月号記事   人生の羅針盤 No.163 幸福の科学総裁大川隆法 対機説法 未来創造のためのヒント(3)   【問】私は現在、夫が経営する小さな会社を手伝っています。製造業の研究開発を手伝うような仕事です。 近未...

  • 2005年「敗軍の将」の研究

    2005.10.07
    2005年「敗軍の将」の研究

    2005年12月号記事 2005年「敗軍の将」の研究   成功者を真似ようとしても簡単にはいかないが「敗北」は教訓に満ちており、研究に値する。 ダイエー創業者の故・中内氏 ライブドアの堀江貴文社長 民主党の岡田克也前代表── 今年1年、世間の注目を集めた「敗軍の将」から成功へのヒントを学んでみよう。   ...

  • キレない子供を育てる宗教教育

    2004.12.06
    キレない子供を育てる宗教教育

      2005年2月号記事 「宗教心の高い子供はストレスに強い」 大阪医科大のグループが研究報告 キレない子供を育てる宗教教育 ちょっとしたことに過剰に反応して衝動的に暴力をふるう「キレる」子供たちが目立っている。 「忍耐力が弱くなった」と言われる子供たちをどう導いていけばいいかは、もはや国民的な関心事。 そんななか、「宗教心の...

  • 関西経済強みの研究

    2004.10.06
    関西経済強みの研究

      2004年12月号記事 <関西企画特集> 今こそ「自由と繁栄の精神」を 関西経済強みの研究   いま一つパワーがないとささやかれる関西経済。「天下の台所」と言われた昔日の勢いはどこかに行ってしまったようにも見える。 だが関西は、その自由闊達な風土から、バイタリティーあふれる経済人を無数に生み出し、日本の繁栄・発展...

Menu

Language