日米vs.中国「新冷戦」の始まり - 2023年習近平が世界を支配する - 日本がとるべき3つの国家戦略 Part.1

日米vs.中国「新冷戦」の始まり - 2023年習近平が世界を支配する - 日本がとるべき3つの国家戦略 Part.1

 

2015年7月号記事

 

日米vs.中国「新冷戦」の始まり

2023年習近平が世界を支配する

日本がとるべき3つの国家戦略

 

日米と中国の「新冷戦」の時代が、静かに幕を開けた。中国主導のアジアインフラ投資銀行(AIIB)には、日米を除く57カ国が創設メンバー入り。アメリカが不参加を呼びかけていたにもかかわらず、イギリスなどのヨーロッパの国々も参加し、アメリカの影響力低下を印象づけた。習近平国家主席率いる中国は、習氏の任期である2023年までに、アメリカに代わる覇権国家となるのか──。

(編集部 大塚紘子、森國英和、中原一隆、居島有希、河本晴恵)

 


contents

 

 

中国問題がざっくり分かる!

 

「『大中華帝国』という新文明の建設に入ろうとしているわけだ。欧米文明は終わったということだよ」

 これは、2010年、次期最高指導者に内定したばかりだった習近平氏の守護霊が、大川隆法・幸福の科学総裁による霊言で語った言葉だ。霊言では、当時の「調整型リーダー」「親日家」という噂とは裏腹に、壮大な野望を抱いていることが明らかになった。

 その野望は、5年の時を経た今、着実に現実化してきている。

 13年に習近平氏が国家主席になると、尖閣問題、反日暴動、南シナ海問題が激化。今年に入り、南シナ海のスプラトリー諸島に戦闘機の離発着が可能な3千メートル級の滑走路を建設していることが判明した。一方で、中国主導のアジアインフラ投資銀行(AIIB)はアジア地域のインフラ投資を進めるという大義名分を掲げており、「頼れる大国」の雰囲気もかもし出す。

 中国の本当の狙いを探り、日本が今なすべきことを考えたい。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

地図で見る中国の支援

中国は本当に「頼れる大国」になろうとしているのか

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2015年7月号記事  日米  中国  新冷戦  習近平  覇権国家  アジアインフラ投資銀行  AIIB  支援  独立国家  

Menu

Language