世界で稼げる農業 - 2025 幸福実現党の設計図 第1回

世界で稼げる農業 - 2025 幸福実現党の設計図 第1回

 

2015年5月号記事

 

2025 幸福実現党の設計図

 

第1回

 

世界で稼げる農業

 

 幸福実現党が訴えている政策は、「人間は永遠の生命を持ち、自らを高め、この世の発展に貢献するために生まれてくる」という人間観、霊的人生観に基づいています。「政府が国民に何をするか」ではなく、「国民一人ひとりが自ら幸福をつかみ、

社会や国家を発展させる」姿を理想とし、努力すれば報われる国をつくる方法を探究しています。

 新たにスタートする本シリーズでは、幸福実現党が描く日本や世界の10年後の設計図を、テーマごとに紹介していきます。

 第1回目は農業政策。「農業は弱いから国が補助金を出して保護すべきだ」と考える人は多いですが、本当にそうでしょうか。農業の力を解き放ち、「努力すれば稼げる農業」のビジョンと実現への道筋を示します。

(編集部 小川佳世子、小林真由美/
幸福実現党政務調査会、党山形県本部副代表・城取良太)

 

 

ひと目でわかる日本の農業の現状

 

1 農業従事者の高齢化と、若い担い手不足が続いている

農業に従事する人口が年々減少、高齢化

平均年齢は66.5歳!

1990年比 半減の239万人!

 

耕されていない農地が年々増加

耕作放棄地の広さは滋賀県と同じ!

 

 

2 生産や流通に制約が多く、「稼ぐ力」が弱い

農作物の売上は減少傾向

農業従事者の6割がコメ農家。

価格が下がるのを防ぐため田んぼを減らす「減反」でコメの生産量を調整している。

 


 

 日本の農業は転換期にあります。安倍晋三首相は「攻めの農林水産業」と銘打ち、農協改革と輸出強化を打ち出しました。

 しかし幸福実現党は、2009年の立党当初より「日本の農業は世界で戦える」と訴えてきました。 

 さまざまな課題を抱える日本の農業ですが、生産額は先進国の中では世界2位。南北に長く高低差の大きい国土から、一年中多様な作物が獲れる「農業大国」と言えます。 

 若き挑戦者も出てきています。千葉県の農事組合法人「和郷園」には億単位の売上を持つ農家もいます。日本の果物は海外でも高値で取引され、優れた農業技術は世界中で評価されています。 

 このように、無限の富を生み出す潜在力を持つ日本の農業。規制を取り払い、「自助努力の精神」「経営マインド」を取り入れれば、「世界で稼げる成長産業」へと変わることができます。 

 その方法について、次ページから見ていきましょう。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

設計図1 農業を担う若者が増える

設計図2 まじめに働く農家が豊かになり、地方が活性化

設計図3 日本の農業が世界で稼ぎ、食糧問題を解決する

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2015年5月号記事  幸福実現党  農業  自由  若者  補助金  食糧問題  使命  しろとり良太  

Menu

Language