現代のナチスは日本ではなく、中国だ - The Liberty Opinion 1

現代のナチスは日本ではなく、中国だ - The Liberty Opinion 1

 

2014年4月号記事

 

The Liberty Opinion 1

 

現代のナチスは日本ではなく、中国だ

 

 第2次大戦時の日本を「ナチス」になぞらえて、中国が世界中で「反日キャンペーン」を繰り広げている。

 昨年末の安倍晋三首相の靖国神社への参拝以降、各国に駐在する中国大使らが、約70カ国で、現地のテレビや新聞に登場。フランスの大使は、首相の参拝を受けて「ヒトラーの墓に花を手向けることを想像してほしい」(1月16日付フィガロ紙)とした。

 1月末に開かれたスイスのダボス会議でも、王毅外相が「日本のA級戦犯はアジアのナチスだ。欧州の指導者がナチスの戦犯に献花したら、欧州の人たちは許せますか」と発言した。

 日本バッシングの際、中国は常に「30万人が犠牲になった南京大虐殺」を前提にするが、これは、終戦直後の東京裁判で、戦勝国が日本を断罪するために創作した「つくり話」である。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2014年4月号記事  オピニオン  中国  ナチス  侵略  ジェノサイド  チベット  フィリピン  アキノ大統領  

Menu

Language