コロナで浮き彫りになる「死生観」 アメリカ保守はなぜ死を恐れないのか

コロナで浮き彫りになる「死生観」 アメリカ保守はなぜ死を恐れないのか

 

5月30日付の本欄では、新型コロナウィルスの感染拡大により、アメリカで共和党と民主党の政治信条の違いが浮き彫りになっていることを報じました(「共和党vs.民主党 米大統領選でヒラリー支持の地域、コロナ死亡率がトランプ派の3倍」)。

 

その中で、米ニューヨーク・タイムズ紙が、「民主党支持者が多い地域はコロナの死亡率が高い」という統計データに対する反論記事として、共和党議員や共和党を支持する一般市民の声を拾い上げ、共和党の掲げる「自己責任の原則」を無責任だと批判したことにも触れています。

 

その後、同紙は引き続き「コロナを恐れない保守の声」を集めた寄稿を掲載(6月5日付電子版)。エリザベス・ブルーニッヒという若い女性ジャーナリストによるもので、「死とテキサス その州は恐怖心のなさを誇りに思っているが、どうやってウィルスに打ち克つのか」と、挑戦的な見出しを付けています。

 

タイトルから分かる通り、保守の地盤であるテキサスに焦点を当てた内容で、現地に住む人々の「生の声」を集めています。

 

共和党を批判する内容ではありますが、アメリカの保守層が抱く「死生観」を分かりやすく示しているため、本欄で一部紹介します。

 

続きは2ページ目へ(有料記事)

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 新型コロナウィルス  アメリカ  保守  共和党  民主党  死亡率  信仰    永遠の生命    リベラル  

Menu

Language