共和党vs.民主党 米大統領選でヒラリー支持の地域、コロナ死亡率がトランプ派の3倍

共和党vs.民主党 米大統領選でヒラリー支持の地域、コロナ死亡率がトランプ派の3倍

 

2016年の大統領選で民主党のヒラリー・クリントン氏に投票した地域は、共和党のドナルド・トランプ氏に投票した地域よりコロナの死亡率が3倍高い──。

 

そんな衝撃的な事実を、このほどロイターが報じました。

 

ロイターの計算によると、クリントン氏に投票した郡(州の下位の行政区画)では、10万人あたり39人が新型コロナウィルスで死亡。一方、トランプ氏に投票した郡では10万人あたり13人しか死亡していないといいます(5月20日までの報告数から)。

 

全米50州のうち36州において、民主党支持者の多い郡の方が、死亡率が高い傾向が出ているといいます。

 

これを受け、リベラルメディアを代表する米ニューヨーク・タイムズ紙は25日、「ウィルスは民主党員をより激しく攻撃している」と題した記事を一面に掲載。内容は、民主党の汚名返上に徹し、リベラルの立場を擁護しました。以下は記事の要約です。

 

「死亡率が違うのは、民主党支持の地域は人口密度の高い都市部が多く、逆に共和党を支持する地域は農村部や郊外が多いため。民主党員がウィルスの脅威をよく理解して経済封鎖に耐えているにもかかわらず、共和党員は、『すべての人が、リスクについて自分自身で判断すべき』という考えの下、『自分の身の回りには降りかからないだろうという態度(it's-not-coming-for-my-neighborhood-attitude)』で、自由に外出や旅行をしている」

 

記事は、共和党議員のみならず、共和党を支持する一般市民の声も丁寧に拾い上げた、"力作"です。

 

果たして人口密度の高さだけが要因なのかは不明ですが、いずれにせよ、今回のコロナ・パンデミックは共和党と民主党の違いを浮き彫りにしています。

 

続きは2ページ目へ(有料記事)

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 新型コロナウィルス  死亡率  共和党  民主党  ヒラリー  トランプ  ロックダウン  信仰心  

Menu

Language