米WSJ紙に経済再開を求める一面広告 「『命か経済か』ではなく、『命』対『命』」

米WSJ紙に経済再開を求める一面広告 「『命か経済か』ではなく、『命』対『命』」

21日付ウォール・ストリート・ジャーナル紙に掲載された意見広告。紙面いっぱいに、ファウチ博士への手紙が続く。

 

《本記事のポイント》

  •  WSJ紙に経済再開を求める意見広告
  • 「感染症専門家だけの意見で経済封鎖をしたが、各界の意見と国民の声を聞くべき」
  •  経済を迅速に再開せねば、国民の健康と経済に甚大な被害が及ぶ

 

 

「DR. FAUCI, WE NEED A SECOND OPINION!」

(ファウチ博士、我々にはセカンド・オピニオンが必要だ!)

 

21日付の米WSJ紙に、こう訴える意見広告が一面で掲載されました。

 

広告主は、「ジョブ・クリエイターズ・ネットワーク」。政府による介入から、アメリカの小企業とそこで働く従業員を守ることを使命とする、無党派組織です。

 

広告は、コロナ対策の陣頭指揮を執る、国立アレルギー感染症研究所のアンソニー・ファウチ所長に宛てた手紙の形式で、「経済再開」を求めています。

 

日本では、新型コロナウィルス対策への「国民の本音」は表立って語られません。それが大々的に新聞に掲載された興味深い例として、本欄で詳しく紹介します。

 

続きは2ページ目へ(有料記事)

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: ウォール・ストリート・ジャーナル  ファウチ博士  失業  封鎖  自殺  失業  世界恐慌  新型コロナウイルス  

Menu

Language