「中国製造2025」は泥船だった! 日本復活の切り札 工場よ、中国から戻ってこい! Part.3

「中国製造2025」は泥船だった! 日本復活の切り札 工場よ、中国から戻ってこい! Part.3

写真:AP/アフロ

 

2020年5月号記事

 

日本復活の切り札

工場よ、中国から戻ってこい!

 


contents


 

「中国製造2025」は泥船だった!

 

日本のビジネスチャンスとして認識されている中国の製造業強化政策。だが日本が協力すれば、自らの首を絞めるリスクもある。

 

 中国はコロナの蔓延で、国内工場の稼働が止まり、各国から入国制限を受けるなど、国際的な孤立感が強まった。

 そんな中国に結果として助け船を出したのが、トヨタ自動車だった。同社は2月下旬、中国・天津市で電気自動車(EV)などの新エネルギー車を生産するために、1300億円を投じる方針を固めた。

「すごい根性ですね。普通なら、このタイミングで発表はしないでしょう」

 ある自動車ウォッチャーはこう話す。コロナ問題の渦中にあえて投資を発表することで、マスク以上の"プレゼント"を中国に送ったことになるかもしれない。

 

次ページからのポイント(有料記事)

補助金政策にやられた日本

工場を中国から戻そう!

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2020年5月号記事  中国  中国製造2025  補助金政策  工場  泉谷渉  著名知識人  EVブーム  技術  自前化  中国撤退  無利子  超長期融資  

Menu

Language