幸福実現党地方議員の「お仕事」 - 地方から日本を変える

幸福実現党地方議員の「お仕事」 - 地方から日本を変える

 

2019年10月号記事

 

幸福実現党地方議員の「お仕事」

地方から日本を変える

 

立党から10年。幸福実現党は公認だけでも全国に地方議員36人(8月19日時点)を擁する。
より地域に密着した政策が求められる地方議員は、何を訴えているのか。幸福実現党地方議員の活動実績や、今後同党が取り組もうとしている政策をレポートする。

(編集部 駒井春香)

 

写真提供:ピクスタ

 

1・地域を守る

地震や豪雨のほか、北朝鮮のミサイル発射などの脅威に対する

地域レベルでの幸福実現党の地方議員の取り組みを探った。

 

新潟県阿賀野市議会議員

横井 基至

 

昨年9月に開催された「あがの市民交流まつり」。自衛隊が参加し、災害派遣のパネル展示も行った。

 新潟県阿賀野市議会議員を務める横井基至氏が市議に就任した2016年ごろから、北朝鮮の核開発が活発化。ミサイル発射が頻発している。

 阿賀野市は新潟市を挟んで日本海がすぐそば。元航空自衛隊二等空尉である横井議員は危機感を覚え、新潟に向けてミサイルを撃たれた場合の避難実施要項の確認や、避難訓練の実施などについて、議会で繰り返し質問した。

 その甲斐もあり、17年7月に改訂された「阿賀野市国民保護計画避難マニュアル」には、弾道ミサイル攻撃時に、市が主導する大規模な避難方法などが新たに盛り込まれた。

「現在は高齢の方が安全に避難できるよう、住民避難の組織構築を進めています。地域の絆をつくり、学校や家庭、地域が一体となって子供たちに防災教育を徹底するために、呼びかけも行っています」(横井議員)

 その一環として取り組むのが、市の祭りなどへの自衛隊の派遣誘致だ。子供たちが自衛隊員や車両とふれあうことで、「自分の命は自分で守る」という意識を育む。

「防災や減災の大切さに同意する市職員も多く、心強いです。市長以下職員や私たち議員がまず危機管理意識を持つことで、市民の皆様にも防災の大切さを伝えていきます」(横井議員)

 

議会で一般質問を行う横井議員。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

九州から国防を考える 長崎県 谷口るみ子氏/大分県 衛藤 和敏氏

地方の減税の必要性 日本税制改革協議会 会長 内山 優氏インタビュー

原発稼働のモデルケースを 鹿児島県 松澤力氏

公共空間の再生を 「公共R不動産」馬場正尊氏インタビュー

いじめ・障害を考える 埼玉県 細田 三恵氏/大分県 菅 さとみ氏

 

 

 

「自由の創設」のために報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2019年10月号記事  幸福実現党  難民  横井基至  谷口るみ子  衛藤和敏  減税  JTR  内山優  松澤力  川内原発  公共R不動産  馬場正尊  PPP  いじめ  細田三恵  菅さとみ  著名知識人  

Menu

Language