2020~25年シミュレーション 中国は台湾・日本を同時攻撃する

2020~25年シミュレーション 中国は台湾・日本を同時攻撃する

写真:ロイター/アフロ。

 

2019年8月号記事

 

2020~25年シミュレーション

 

中国は台湾・日本を同時攻撃する

 

中国の"台湾統一"の危険性が高まっている。
台湾問題は、日本の未来も決めるかもしれない。

(編集部 山本慧)

 

「島の商店街には、中国の国旗がはためき、中国の人民元が流通しています。日本円から台湾ドルには両替できませんが、人民元なら可能です」

 3月、日本人男性が訪れた台湾の金門島。同島は中国大陸に近く、多くの中国人観光客が訪れ、「中国化」が進んでいる。

 金門島は広い自治権が認められる「一国二制度の導入」を主張し、沖縄県のように中央政府とは距離を置くなど、中国の影響を相当受けているという。

 そんな中、中国の習近平国家主席は1月、台湾政府に一国二制度の導入を突きつけ、改めて"台湾統一"の意思を示した。たまらず台湾の蔡英文総統は、国交がない日本に「安全保障の対話」を呼び掛け、支援を求めた。

 中国の脅威が台湾に迫っている。もし台湾で有事が起きればどうなるか。そしてその時、日本はどんな目に遭い、どう備えるべきか。

 

代表撮影/ロイター/アフロ。

 

覇権拡大を目指す中国の本音

2020年
台湾への侵攻作戦の準備を完了
2020~25年
台湾統一戦争
2025~30年
南シナ海諸島の領土回復戦争
2035年
原子力空母4隻保有で米海軍に匹敵する
2035~40年
チベット南部の領土回復戦争
2040~45年
尖閣諸島と沖縄の領土回復戦争
2045~50年
外モンゴル統一戦争
2049年
中国建国100周年世界トップレベルの軍事力を保有
2055~60年
ロシアに奪取された領土回復戦争
出所:中国国営メディア「中国新聞網」など各種報道より編集部作成

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

元陸上自衛隊 用田和仁氏インタビュー

平成国際大学教授 浅野和生氏インタビュー

日本と台湾は運命共同体である

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2019年8月号記事  習近平  中国  自衛隊  用田和仁  浅野和生  台湾  攻撃  幸福実現党  民主主義  国交正常化  根本博  戦争  侵略  ミサイル  著名知識人  

Menu

Language