天安門事件から30年 中国の若者が再び立ち上がる

天安門事件から30年 中国の若者が再び立ち上がる

天安門事件30周年を前に、中国では民主化を求める動きへの警戒が強まる。

 

2019年7月号記事

 

天安門事件から30年

 

中国の若者が再び立ち上がる

 

中国共産党の最大のタブーである「天安門事件」から30年が経つ。

学生たちが命がけで求めた「自由な中国」はどうすれば実現できるのか。

 

 1989年6月4日、北京の天安門広場に、多くの学生が民主化を求めて集まっていた。

 だが、「中国を変えよう」という情熱は自国の軍隊の戦車に踏みつぶされ、希望は弾丸の前に砕け散った。

 当時、数多くの海外メディアが弾圧の模様を報じたため、現在、中国以外の国には、さまざまな資料がある。しかし、共産党政府の徹底した情報統制によって、中国の若者の多くは事件の存在すら知らない。たとえ知っていても、口外すると弾圧の対象になるので、「自己規制」する中国人がほとんどだ。

 天安門事件の後、政治改革の動きはタブーになった。それと同時に、中国経済の急速な発展の中で、大半の中国人は政治改革の夢を捨て、金儲けに走るようになった。

 

 

独裁に立ち向かう若者たち

 天安門事件後の共産党の狙いは、国民の民主化への希望を打ち砕き、完全なる統制下に置くこと──のはずだった。

 しかし近年、流れが大きく変わってきている。最大のタブーだった政治改革や体制批判に立ち上がる若者が、台湾や香港、そして中国本土からも出てきている。

 中国から台湾に留学し、習近平政権の独裁体制に反対する動画を公開した大学生の李家宝さんは、「今の中国は暗黒政治だ」と憤る。

 香港でも2014年の民主化運動「雨傘革命」のリーダーが、中国政府の圧力に立ち向かった。本土でも上海で習氏のポスターに墨汁をかけて抗議した若い女性や、実名で習体制を批判して、拘束される若者が後を絶たない。

 彼らはなぜ、絶望的な状況の中で民主化への希望を失わずにいられるのか。天安門事件を振り返り、活動家の声をもとに中国の民主化の未来を展望したい。

 

次ページからのポイント

「血の弾圧」はなぜ起きたか

Interview 共産党に天安門虐殺を隠ぺいさせないために / 呉仁華氏

Interview 習近平体制は史上初のハイテク・ファシズム / 滕彪氏

"再び"若者が立ち上がり始めた!? / 李家宝さん / 周庭さん

Interview 中国民主化の第4の波が今到来している / 顏伯鈞氏

Interview 中国に「もう一つ」の政党を / 陳光誠氏

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2019年7月号記事  天安門  天安門事件  中国  若者  中国共産党  独裁  血の弾圧  呉仁華  滕彪  李家宝  周庭  顏伯鈞  陳光誠  著名知識人  

Menu

Language