日本の源流 - 大分・宮崎からの教育改革 「平和教育」より「神話教育」

日本の源流 - 大分・宮崎からの教育改革 「平和教育」より「神話教育」

 

2017年4月号記事

 

日本の源流

 

大分・宮崎からの教育改革

「平和教育」より「神話教育」

 

「神話」と聞いてもピンと来ない。それが戦後世代の率直な実感だろう。
神話のふるさとである大分、宮崎両県を訪れ、戦後教育の問題について考えてみた。

(編集部 山本慧/写真 大滝政文)

 

 

「日本を建国した神武天皇は、実在した人物か分からないので、新しい建国記念の日をつくりましょう!」

 建国記念の日が近づく昨年2月上旬、大分県のとある小学校では、"平和教育"が行われた。

 担任の教師は、冒頭の言葉を切り出し、何月何日がふさわしいのか、児童に宿題を出して議論させた。

 ところが、児童がさまざまな日を口にしたため、議論はまとまらず。業を煮やした担任は、占領軍が戦後に押しつけた憲法記念日、終戦の日、サンフランシスコ平和条約を調印した日の3つから選ぶように"強要"した。結局、教えたかったのは自虐史観だったわけだ。

 児童の保護者は、この事実を聞いて激怒し、文部科学省に抗議の電話を入れた。だがその後、小学校側に改善のための指導が行われた形跡はないという。

 保護者は話す。「子供は、神武天皇なんかいないという話を聞いて困惑したようです。神話を否定する一方的な価値観を教え込むのはやめてほしい」

 実は、この担任は、憲法記念日に行われた平和教育でも、安倍晋三首相が好きか嫌いかを児童に挙手させ、首相が進める憲法改正は良くないと熱弁。校内でも指折りの左翼教育に熱心な先生だった。

 お隣の日本神道の発祥の地である宮崎県でも、神話を教える授業はほとんどない。

 50代の中学校の女性教諭は、「神武天皇が生まれた町ですら、神武天皇を知らない子供がいます。私の学校では、神様に奉納する歌舞である神楽をやりますが、その由来を十分に理解している生徒も少ない」と話す。

 神話教育は、郷土愛や愛国心を抱くきっかけになる大事な要素であるはず。次ページより、2人の神職の話から、正しい教育はどうあるべきかを考えたい。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

雲八幡宮 ―宮司 秋永勝彦氏インタビュー

高千穂神社 ―宮司 後藤敏彦氏インタビュー

愛国心を取り戻す教育政策を

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2017年4月号記事  日本の源流  大分  宮崎  教育改革  神話  天御中主神  戦争  左翼  憲法  

Menu

Language