rss

タグ「疫病」の記事一覧

  • 菅首相、新年の伊勢神宮参拝を延期 疫病調伏を祈る伊勢神宮にこそ参拝すべき

    2020.12.29
    菅首相、新年の伊勢神宮参拝を延期 疫病調伏を祈る伊勢神宮にこそ参拝すべき

    菅義偉首相は、歴代首相の新年の恒例行事となっている伊勢神宮への参拝日程を再調整する代わりに、4日に総理大臣官邸で記者会見を行うことになった。

    ...

  • 1ダースはやって来る!? 次の天罰は何だ! part 1

    2020.11.29
    1ダースはやって来る!? 次の天罰は何だ! part 1

    令和の時代に入ったが、天変地異や疫病などは収まらない。

    古来、「神意」の現れと考えられてきたこれらの災いを、今、どう受け止めるべきか。

    ...

  • 奈良の大仏に「信仰と情熱」を捧げた僧侶の物語

    2020.07.21
    奈良の大仏に「信仰と情熱」を捧げた僧侶の物語

    近鉄奈良駅前には、大仏建立に尽力した行基の像が建てられている。   疫病や天変地異が続いた奈良時代──。   鎮護国家を祈念して造られたのが、奈良の国分寺である東大寺です。当時世界最大の金銅仏像だった「奈良の大仏」が鎮座しています。   大仏は2度にわたる戦火で焼失しましたが、その都度、民の寄付によって再建・再興さ...

  • 古代中国"天罰思想のテキスト"に書かれた、疫病・洪水・イナゴの"原因"とは?

    2020.07.16
    古代中国"天罰思想のテキスト"に書かれた、疫病・洪水・イナゴの"原因"とは?

    漢代の歴史書『漢書』の中に「災異説」が説かれている(Wikipediaより)。   中国で、新型コロナウィルスやアフリカ豚コレラといった疫病、豪雨による大洪水、バッタやイナゴによる蝗害(こうがい)など、天変地異が相次いでいます。   現地のネットでは「中国共産党の暴政への天罰だ」と指摘する声も多いとか。中国大陸といえば、こうした「天変地異=...

  • 疫病退散の祭りがコロナに負けていいのか? 本来の意味を見つめる時

    2020.05.08
    疫病退散の祭りがコロナに負けていいのか? 本来の意味を見つめる時

    写真:Chiharu / Shutterstock.com   《本記事のポイント》 新型コロナで、中止が相次ぐ日本の祭り 祇園祭や天神祭は「疫病退散」の意味がある コロナの蔓延は、日本人の宗教的な原点を見つめる教訓に     中国発・新型コロナウィルスの感染拡大により、全国各地...

  • イランではモスクが順次再開 今こそ神仏にコロナ収束を祈るべき

    2020.05.07
    イランではモスクが順次再開 今こそ神仏にコロナ収束を祈るべき

      イランで4日から、新型コロナウィルスの新たな感染者が報告されていない地域に限定して、モスクでの礼拝が再開されています。   イランは今年2月下旬以降、コロナの感染が急速に広がりました。感染要因として、モスクでの集団礼拝が挙げられており、政府は3月中旬、モスクや聖廟を閉鎖。   モスク以外にも、世界ではさまざまな宗教施設...

  • 伊勢神宮も東大寺も! 日本人として知っておきたい疫病の日本史

    2020.05.04
    伊勢神宮も東大寺も! 日本人として知っておきたい疫病の日本史

    画像:beeboys / Shutterstock.com   5月6日で、緊急事態宣言の発令から1カ月を迎えます。   同宣言の発令には、人と人の接触を減らし、新型コロナウィルスの感染を封じ込める狙いがあります。しかし、感染収束の糸口は依然として見つかっておらず、緊急事態宣言がさらに1カ月延長される見通しです。医学や公衆衛生に関するさまざ...

  • 「緊急事態宣言の早期解除を」 幸福実現党が声明を発表

    2020.05.01
    「緊急事態宣言の早期解除を」 幸福実現党が声明を発表

      5月6日までの緊急事態宣言をめぐり、政府内で「1カ月程度延長する方針」が検討されている。安倍晋三首相は4月29日の参議院予算委員会で、「5月6日に、『緊急事態が終わった』と言えるかどうかは、依然、厳しい状況が続いていると思う」と、解除は難しいと述べた。   宣言の延長が取り沙汰される中、幸福実現党(釈量子党首)は4月29日、「緊急事態宣言の早期...

Menu

Language