習近平は大中華帝国をつくる? - 日米vs.中国「新冷戦」の始まり - 2023年習近平が世界を支配する - 日本がとるべき3つの国家戦略 Part.3

習近平は大中華帝国をつくる? - 日米vs.中国「新冷戦」の始まり - 2023年習近平が世界を支配する - 日本がとるべき3つの国家戦略 Part.3

 

2015年7月号記事

 

日米vs.中国「新冷戦」の始まり

2023年習近平が世界を支配する

日本がとるべき3つの国家戦略

 

日米と中国の「新冷戦」の時代が、静かに幕を開けた。中国主導のアジアインフラ投資銀行(AIIB)には、日米を除く57カ国が創設メンバー入り。アメリカが不参加を呼びかけていたにもかかわらず、イギリスなどのヨーロッパの国々も参加し、アメリカの影響力低下を印象づけた。習近平国家主席率いる中国は、習氏の任期である2023年までに、アメリカに代わる覇権国家となるのか──。

(編集部 大塚紘子、森國英和、中原一隆、居島有希、河本晴恵)

 


contents

 

 

part3

 

習近平は大中華帝国をつくる?

──未来予測シミュレーション

 

習近平・中国国家主席の任期は2023年までだ。中国の軍事覇権と経済覇権が進んだ場合、世界はどのようになるのだろうか。

 

今後、日米が何も手を打たない場合の未来を予測してみよう。

 

◆ ◆

 

 202X年、シルクロード構想やAIIBが成功して中国主導の経済システムが広がり、アジアや中東では、全ての貿易が人民元でできるようになった。

 中国の国家主席は国営放送で、「人民元の影響力が増し、ますます地域の平和と発展に貢献できる」と満面の笑みで語った。

 

 

(1) 南シナ海で紛争が起きる

 1年後、中国は突然、南シナ海の島々は全て中国の領土であると宣言。同時に、フィリピンが実効支配していた島々を中国軍が占拠し、フィリピンとの軍事衝突に発展した。

 さかのぼること数年前、中国が南シナ海全域に防空識別圏(ADIZ)を設定。アメリカや周辺国は非難したものの、中国経済の恩恵を得たいため、うやむやにしていた背景があった。

 

 

(2) 経済制裁を課すが効果なし

 圧倒的な戦力差で劣勢に立たされたフィリピンは、アメリカや日本に助けを求めた。

 しかし、中国との戦争を恐れたアメリカは軍事介入せず、ヨーロッパや日本と共に中国に経済制裁を加えた。

 一方、中国の経済力に依存するロシア、中東、中央アジアの国々は経済制裁に参加しなかった。人民元決済が可能なため、石油や天然ガス、鉄や銅など、あらゆる戦略物資はシルクロードを通じて中国に入り続けた。

 中国は、支配下に置く南シナ海のシーレーン封鎖をちらつかせ、経済制裁を解くことを要求。日本では石油の輸入ルートが閉ざされる懸念から石油価格が高騰し、物流、製造、電力など、あらゆる産業が危機的状況に陥った。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

予測シナリオを現実化させないために

習近平の前世は?

日本はどうあるべきか

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2015年7月号記事  日米  中国  新冷戦  習近平  シーレーン  南シナ海  未来予測シミュレーション  民主化  

Menu

Language