長谷川慶太郎講演レポート - 中国の現体制は崩壊し、東アジアの繁栄が来る

長谷川慶太郎講演レポート - 中国の現体制は崩壊し、東アジアの繁栄が来る

 

中国の現体制は崩壊し、東アジアの繁栄が来る

長谷川慶太郎講演レポート

 

幸福の科学・東京正心館(東京都港区高輪)で、5月20日、国際エコノミストの長谷川慶太郎氏が講演。風雲急を告げる中国情勢と、今後の東アジアの展望を語った。その内容をレポートする。

 

国際エコノミスト

長谷川 慶太郎

(はせがわ・けいたろう)

1927年京都生まれ。53年大阪大学工学部卒。新聞記者、証券アナリストを経て63年独立。83年に『世界が日本を見倣う日』(東洋経済新報社)で第3回石橋湛山賞受賞。『日本と世界はこう激変する』(共著、李白社/ビジネス社)、『2012年 長谷川慶太郎の大局を読む』(李白社/ビジネス社)など多数の著書を持つ。

 

 

 

 

改革・開放の失敗によって中国内部の対立が激化している

率直に言って、中国の改革・開放路線は破綻しました。今、起こっているのは、企業の連鎖倒産と、それによる大量の失業者の発生です。その理由はいろいろありますが、一番大きいのは、ユーロ危機です。ユーロが惨憺たる状況であることは皆さんもよくご存知の通りです。中国の輸出は3分の1がユーロ向けです。中国からの輸出は日に日に減っていると言ってよいでしょう。売り先がなくなっているのです。したがって、中国の企業は経営ができません。

そのため、経営者たちはみな夜逃げしています。ある朝、従業員が出勤してみると工場の門が閉まっている、中はどうなっているかと思って見回してみても、前の日に退勤したときと何も変わらない。物も機械もそのまま残して、現金だけを持って経営者が逃げている。それが決して1件、2件ではありません。数万件の規模で発生していると言ってよいでしょう。工場の門も開けてくれないのですから、従業員は働くこともできません。このような調子で、失業者が急増しているのです。

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 長谷川慶太郎  中国  北朝鮮  核実験  内戦  中国共産党  人民解放軍  文革派    

Menu

Language