激震のインタビュー集 中華帝国の崩壊と日本の覚悟

激震のインタビュー集  中華帝国の崩壊と日本の覚悟

 

2020年11月号記事

 

激震のインタビュー集

中華帝国の崩壊と日本の覚悟

 

米中による天下分け目の戦いが繰り広げられる中、日本はアメリカの側につくという旗幟を鮮明にすべきだ。

(編集部 片岡眞有子、山本慧)

 

CONTENTS

Interview01
"指名手配犯"が掲げる「影の議会」に中国が青ざめた
民主活動家 サイモン・チェン 本誌p.34
Interview02
習近平に心服する部下などいない
民主中國陣線主席 チン・ジン 本誌p.37
Interview03
尖閣では自衛隊が戦う前に政治家が降参してしまう
元米海兵隊大佐 グラント・ニューシャム 本誌p.40
Interview04
オバマに更迭された男が語る ファーウェイ排除は中国との戦争準備
元米海軍大佐 ジェームズ・ファネル 本誌p.44

 

 

 米中の覇権争いが日ごとに激しくなっている。

 トランプ米大統領は9月上旬に「デカップリングによってであろうと、すでに行ってきた高関税導入によってであろうと、我々は中国への依存を終わらせるつもりだ」と述べ、中国を繁栄させたシステムを変えることを強調した。

 中国はアメリカのやり方に反発し、「中国抜きの世界には未来がない」と発信しているが、どうも雲行きが怪しい。

 その象徴が、中国共産党幹部を養成する「中央党校」の元教授・蔡霞氏が6月に、習近平国家主席を「マフィアのボス」と批判し、解任を要求したことだ。胡錦濤前主席の側近を務めたエリート中のエリートが、「党内には自分と同じ見解を持つ者が約60~70%いる」と証言したことから、世界は驚いた。

 共産党の権力基盤が揺れつつある。今回、その実態に迫るとともに、日本の対中姿勢を問う。

 

続きは2ページ目以降へ(有料記事)

 

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2020年11月号記事  戦争  サイモン・チェン  チン・ジン  グラント・ニューシャム  ジェームズ・ファネル  香港  尖閣  ファーウェイ  

Menu

Language