広島の「大和復活」が日本を護る - 地域シリーズ 広島

広島の「大和復活」が日本を護る - 地域シリーズ 広島

大和ミュージアムから臨む呉港。中央にあるのが、戦艦大和が建造された呉海軍工廠の跡地に建つ工場。

 

2020年8月号記事

 

地域シリーズ 広島

 

ものづくり再興への未来図

広島の「大和復活」が日本を護る

 

製鉄・造船業の冷え込みにより、広島の製造業が打撃を受けている。

しかし、広島が培ってきたものづくりの精神は、そんな脆弱なものではない。

可能性を最大限に発揮し、「新復活」を遂げるための道筋がある。

(編集部 片岡眞有子、河本晴恵)

 

 

 今年2月、国内鉄鋼最大手の日本製鉄が、2023年9月末を目途に呉製鉄所を全面閉鎖すると発表した。

 関係会社を含め3300人ほどが働いており、地元経済への影響は計り知れない。呉市で生まれ育った60代男性はこのように語る。

 「ものづくりの街である呉が、重工業から撤退していくようで非常に残念です。私自身、50年近く製造業に携わっていますが、仕事が減っているのを実感します。先行きが不安ですね」

 製鉄所閉鎖の背後には、ダンピング(不当廉売)によって強引に世界シェアを奪う中国の存在がある。中国政府は自国の鉄鋼メーカーに莫大な補助金を投入し、一国で世界の鉄鋼生産の半分を占めるまでとなった。

 福山市にある鉄鋼大手JFEスチールの製鉄所も6月、高炉1基が一時休止となった。新型コロナウィルスの感染拡大を受けてのことではあるが、業界の冷え込みを考えると、このまま縮小する可能性も否定できない。

 

 

日本勢を"駆逐"する中韓

 近年、造船業も苦戦を強いられている。

 広島は愛媛や長崎などと並び、日本有数の造船の地だ。19世紀に日本最古の造船ドックが倉橋町につくられて以来、日本の造船技術をけん引してきた。

 しかしここ20年ほど、韓国の猛追により世界シェアを奪われ、全国で造船所の閉鎖・縮小が続いている。

 韓国政府は自国の造船企業に公的助成をつぎ込み、採算の合わない安値受注で日本勢を駆逐せんとする。かつて日本が得意としてきたLNG(液化天然ガス)船も、今では韓国の"得意分野"だ。

 広島を支えてきた基幹産業が、中韓の国策に押し込まれている。

 

続きは2ページ目以降へ(有料記事)

 

 

次ページからのポイント

古代まで遡る広島のものづくり魂

護国の使命を背負った「東洋一の軍港」

Interview 技術とビジョンが国を発展させる JAXA名誉教授 的川 泰宣氏

ものづくりの地・広島の新復活への道

Interview 日本の技術が、平和を守る (公財)未来工学研究所 研究参与 西山 淳一氏

広島が日本新生の原点になる

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2020年8月号記事  広島  ものづくり  製鉄  造船  大和  呉海軍工廠  防衛産業  国産航空機  著名知識人  的川泰宣  西山淳一  日本新生  

Menu

Language