茂木外相 「習近平国賓来日は11月以降」と言うが……

茂木外相 「習近平国賓来日は11月以降」と言うが……

写真:plavevski / Shutterstock.com

 

習近平中国国家主席の国賓来日について、茂木敏充外相はこのほどBSフジの番組で「11月のG20以降」になるとの見通しを示した。

 

国賓来日は4月の予定だったが、コロナウィルスの影響で延期されていた。

 

茂木氏は「外交日程でいうと、どう考えてもG7サミットが先に来るのは間違いない。サウジが議長国で国際世論を形成するG20サミットも日程的に先になるだろう」と語った。

 

日本政府関係者から習氏の訪日時期について一定の見通しが示されるのは初めてだ。

 

さらに茂木氏は、「10年に1度となる国賓来日で習氏を迎える以上、成果を上げるよう日本の事前調整や外交手腕が試される」と語った。

 

香港の自治が制限される「国家安全法」を巡り、習氏の訪日にも反発が強まっていたが、日本政府に中止の考えがないことが改めて明らかになった。

 

米中対立が高まっている中、習氏の国賓来日をきっかけに、「日米分断」が進みかねない。

 

そのために、中国はコロナによる日本の経済的苦境を好機と見ている可能性がある。

 

中国政府はこのほど、コロナウィルスの影響で制限していた日本人へのビザの発給を拡大させていることが明らかになった。また5月には、「陰性」を条件に中国人の入国制限を緩和することを日本に打診している。経済交流を再開させることで、日本を取り込む狙いが見え隠れする。

 

コロナ不況を乗り越えるために中国との関係を重視することは、安全保障の要である日米関係をないがしろにしかねない致命的な選択だ。習氏の国賓来日は絶対にあってはならない。

 

【関連書籍】

『守護霊霊言 習近平の弁明』

『守護霊霊言 習近平の弁明』

大川隆法著 幸福の科学出版

幸福の科学出版にて購入

https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=2329

Amazonにて購入

https://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4823301544/liberty0b-22

 

【関連記事】

2020年5月29日本欄 高まるアメリカの対中制裁論 もはや"米中天秤外交"は正義にもとる - ニュースのミカタ 1

https://the-liberty.com/article.php?item_id=17198

 

2020年3月6日付本欄 習近平中国国家主席が来日延期 【これだけ知っトクNews(3月6日版)】

https://the-liberty.com/article.php?item_id=16897

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

タグ: 中国  習近平  国賓  茂木外相  新型コロナウイルス  外交  G7  香港  国家安全法  米中対立  経済  コロナ不況  

Menu

Language