コロナで食糧危機がやって来る! 5月29日「ザ・リバティ」7月号発売

コロナで食糧危機がやって来る! 5月29日「ザ・リバティ」7月号発売

 

『ザ・リバティ』7月号

『ザ・リバティ』7月号

幸福の科学出版

緊急事態宣言が25日、ついに全面解除された。しかし、1カ月以上にわたる"自粛"は、日本が直面している、ある問題を浮き彫りにした。

 

5月29日に発売される「ザ・リバティ」7月号では、そんなコロナ禍で浮き彫りになった問題を取り上げている。

 

 

 

【特集】コロナで食糧危機がやって来る! スーパーの食品7割減!?

 

 コロナの影響で日本に忍び寄る「食糧危機」問題。アメリカでは実際に、コロナの蔓延で食肉工場がダウンして、食卓から豚肉が消えてしまう事態に。

 

一方の日本は、実は、先進国の中でも、食料自給率が最低レベル。しかも、昨年は過去最低を"更新"し、37%となった。

 

そんな悲惨な情勢の中、今後起こり得る食料危機を3パターン、シミュレーションした。

 

「世界の感染者数が数千万単位になれば、日本への食糧供給が止まる!」

 

「南シナ海で米中が戦闘状態になれば、野菜、魚、果物に重大な影響!」

 

「バッタの被害で中国が穀物を爆買いして、予想外の食品の価格が急騰!」

 

ラーメンはなんと一杯1万円まで暴騰。寿司も食べられなくなり、スーパーの食品も7割消える──。そんな食生活の"if"をリアルに伝えている。

 

 

【特集】コロナ不況は無用な人災~民間の知恵を信じてまかせよう~

 

緊急事態宣言は全面解除されたものの、「県をまたぐ移動はしないで」、「テレワークは続けてください」などの"指導"は続行している。

 

しかし感染者数・死者数を冷静に見れば、コロナはインフルエンザと同じ対処でよいはず。果たして、緊急事態宣言は必要だったのか──。

 

そこで、リバティでは「国民の知恵を信じて、まかせてみよう」と提言。

 

経済学者の「激論」や、トランプ大統領の「軍師」であるアーサー・ラッファー博士の「アドバイス」も掲載している。

 

 

その他の注目記事

ニュースのミカタ

  •  もはや"米中天秤外交"は正義にもとる
  •  小池都知事に全体主義のにおい
  • 「来ないで!」は人の道に反していないか

 

新・過去世物語

習近平の本心が分かる チンギス・ハン 空前絶後の残虐さ

 

大川隆法[未来への羅針盤]

本当の意味での「光明思想」とは(前編)

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

タグ: ザ・リバティ7月号  食糧危機  バッタ  緊急事態宣言  アーサー・ラッファー  過去世  小池都知事  

Menu

Language