Report ~「親中経済」と「反中感情」のはざまで~ 悩むエジプト

Report  ~「親中経済」と「反中感情」のはざまで~  悩むエジプト

ゲジーラ島のカイロタワーから撮影した首都カイロ市街とナイル川。島北部のザマレク地区には、各国の在外公館が所在し、外国人が多く住む。筆者も半年弱在住した。

 

2020年7月号記事

 

Report

 

~「親中経済」と「反中感情」のはざまで~

悩むエジプト

 

コロナ禍が本格化する前の3月にエジプトを訪れた、幸福実現党広報本部の城取良太氏が、
中国の進出が進むエジプトの今をレポートする。

 

城取 良太

プロフィール

(しろとり・りょうた)HS政経塾(第1期生)在籍時に中東研究を専攻し、2012年にカイロ・アメリカン大学に留学。現在、幸福実現党広報本部に所属。

 アラブ世界で「コロナ中国責任論」の先陣を切ったのがエジプトだ。エジプト人弁護士が4月7日、中国政府に対し、10兆ドル(約1070兆円)の損害賠償を請求したのだ。

 世界的に見れば、エジプトでのコロナの感染拡大は目立たないが、イスラム教徒にとって、神聖なラマダン期間中の、モスクでの礼拝や日没後の食事(イフタール)などへの制限は大きな問題だ。

「エジプトでも有名なニュースだよ。中国の責任を追及するムードは民衆の中ではできつつある」と、エジプト在住の友人が4月下旬に現地の状況を教えてくれた。

 ただ、中国に対する感情には、民衆と政府とでは大きな隔たりがあるようだ。

 

続きは2ページ目以降へ(有料記事)

 

 

次ページからのポイント

新首都に入り込む中国の思惑

新しい独裁者・シーシー大統領

エジプトの未来と日本の使命

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2020年7月号記事  幸福実現党  城取良太  親中  反中  エジプト  遷都  言論の自由  独裁  クーデター  人口急増  貧困  財政赤字  

Menu

Language