コロナ禍で63兆円が吹き飛ぶ日本 中国の核でも起きる経済崩壊リスク

コロナ禍で63兆円が吹き飛ぶ日本 中国の核でも起きる経済崩壊リスク

写真:ロイター/アフロ

 

《本記事のポイント》

  • 緊急事態宣言で生じた損失が1カ月で約2兆円、累計で約4.6兆円になるとの試算
  • 外出自粛を続ければ続けるほど、日本経済は死滅していく
  • 日本は、中国の核によって「江戸時代」に逆戻りするリスクがある

 

 

消費の活性化で盛り上がるゴールデンウィークが始まった。今年は、人との接触を8割減らす緊急事態宣言により、外出を控えるケースが起きており、異例の連休となっている。

 

対策の目的は感染拡大を防ぐこと。しかし、それとトレードオフの関係で、経済損失の拡大が懸念されている。

 

関西大学の宮本勝浩名誉教授は、宣言の発令から1カ月の損失が約1兆9630億円となり、1月から5月6日までの累計の損失は約4兆6187億円に上ると、4月28日に発表した。同氏によれば、発令が日本全国で2年間続いた場合、損失が約63兆円に膨れ上がるという。

 

63兆円規模となれば、リーマン・ショックで生じた落ち込みの1.5倍となる。

 

外出自粛を続ければ続けるほど、日本経済は死滅し、復元力を失うのは間違いない。緊急事態宣言は、感染者の減少と経済損失の拡大という「諸刃の剣」と言える。

 

 

核兵器による攻撃で、日本は江戸時代に逆戻り

ウィルスの蔓延が近代社会の営みを止め、経済に打撃を与えることは、多くの人にとって「まさか」の出来事だった。ウィルスの脅威をまざまざと見せつけられた形だが、経済を死滅させるリスクは他にもある。

 

中国が昨年、新疆ウイグル自治区で密かに「低出力の核兵器」を実験したと、米国務省が4月中旬に報告している。中国が核の近代化に力を入れる背景の一つは、「EMP(電磁パルス)攻撃」の強化が考えられる。

 

EMP攻撃とは、核を上空で爆発させ、強力な電磁パルスを発生させることで、防護されていないインフラや電子機器を麻痺させ、使用不能にさせることだ。これにより、日本はたった1発の核で、「電気を使わない江戸時代」に逆戻りし、多くの人が亡くなる可能性がある。

 

 

中国は、EMP攻撃に特化した核弾頭を保有

実際、中国の国営メディア「環球時報」は4月に、米軍が南シナ海で軍事演習を続ければ、電磁パルス攻撃も辞さないと語る中国当局者のコメントを掲載。アメリカをけん制した。

 

EMP攻撃に特化した核弾頭を保有する中国は、重大な脅威となっている。

 

中国はこれまで「核実験は行わない」と公言してきた。それを反故にし、実験を強行したとなれば、アメリカなどを攻撃する手段を多用化させる狙いがあると言える。

 

広範囲にわたって無差別な被害をもたらす核兵器は、生物兵器とともに、「使用しづらい兵器」とされてきた。だが、技術的な進歩により、使えない兵器が使えるレベルになっているのだ。

 

日本が江戸時代に逆戻りしたくなければ、新しい脅威に対処する必要がある。

(山本慧)

 

【関連書籍】

『ザ・リバティ』2020年6月号

『ザ・リバティ』2020年6月号

幸福の科学出版

 

【関連記事】

2020年6月号 中国がしかけるウィルス戦争 すでに第三次大戦は始まっている?

https://the-liberty.com/article.php?item_id=17074

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

タグ: 中国    緊急事態宣言  宮本勝浩  外出自粛  EMP  電磁パルス  生物兵器  経済崩壊  

Menu

Language