1カ月の「巣ごもり」で終焉は無理! 本当は何が間違っているのか - ニュースのミカタ 1

1カ月の「巣ごもり」で終焉は無理! 本当は何が間違っているのか - ニュースのミカタ 1

4月7日、安倍首相は7都府県に「緊急事態宣言」を発令した。写真:代表撮影/ロイター/アフロ。

 

2020年6月号記事

 

ニュースのミカタ 1

政治

 

1カ月の「巣ごもり」で終焉は無理!

本当は何が間違っているのか

 

 中国発・新型コロナウィルスの感染拡大を止めようと、日本政府が対策を打ち出しています。

 4月7日、7都府県に「緊急事態宣言」を発令。16日には、対象を全国に拡大しました。宣言の目的は、5月6日までの間、人と人の接触機会を最低7割減らし、感染者の増加をピークアウトさせることです(4月17日時点)。

 

 

2、3カ月続けば"恒久失業者"に

 政府の思惑通り、感染拡大が1カ月ほどで収まればいいのですが、収まらなければ全てが崩壊に向かう可能性があります。

 例えば、政府は、国民一人当たり10万円給付することを決めました。1カ月ならさまざまな保障も可能で、出勤する人を7割減らす余地もあるでしょう。しかし、この状態が2カ月も3カ月も続き"恒久失業者"のようになれば、それこそ職業崩壊が始まり、世界恐慌に向かってしまいます。

 医療の方も、ワクチンもない中、入院させて検査以外何もできないのに、治療行為をしているかの如く振る舞っているだけ、という状態が続いています。現代が誇ってきた医療も科学技術も、なすすべもなく敗れ去っていくのを目の当たりにしているかのようです。

 この状態は、一体、何を意味しているのか。「現在の延長線上に人類の未来は開けない」ことを示しているといえるでしょう

 

続きは2ページ目へ(有料記事)

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2020年6月号記事  ニュースのミカタ  新型コロナウィルス  緊急事態宣言  失業  ワクチン  中国共産党  独裁  信仰心  休業補償  

Menu

Language