起死回生の一撃 台湾に学ぶ国内回帰 日本復活の切り札 工場よ、中国から戻ってこい! Part.2

起死回生の一撃 台湾に学ぶ国内回帰 日本復活の切り札 工場よ、中国から戻ってこい! Part.2

 

2020年5月号記事

 

日本復活の切り札

工場よ、中国から戻ってこい!

 


contents


 

起死回生の一撃

台湾に学ぶ国内回帰

 

国内回帰は、大国アメリカだからできる。日本とは違う──。そう思う人もいるかもしれない。

しかし、日本より小さな国が「脱中国」を果たしつつある。現地を訪れ取材した。

 

 

「蔡英文総統のおかげで、中国に移っていた企業が国内に戻り雇用が増えました。経済が上向いているのを実感します」

 台湾北部・桃園市にある工業団地を案内してくれたタクシー運転手の呉兆熊さん(45歳)は、立ち並ぶ台湾企業のビルを横目に、笑みを浮かべながらそう語った。

 

 

3%台の経済成長で過去最高の税収

 2019年10月~12月期の日本の国内総生産(GDP)が前期比1.8%のマイナス成長を記録する一方で、台湾は3%を超える経済成長となった。

 好景気をもたらしたのは、19年1月に台湾政府が打ち出した、「国内回帰政策」だ。中国に進出した台湾企業の生産拠点などを国内に戻すよう促した。

 アイフォーンの受注生産で知られる鴻海科技集団や、世界最大手の自転車メーカージャイアント・マニュファクチャリングなど、名だたる台湾企業が国内へ回帰。昨年だけで160社が国内回帰し、投資予定額は2兆5000億円に上る。

 2021年までの3年間で4兆8000億円もの新規投資と12万人近くの雇用創出が見込まれている。これを日本の人口に換算すると、25兆円の新規投資と約64万人もの雇用が生まれることになる。

 台湾政府の税収も増えており、19年度の歳入は前年比2.6%増の過去最高となった。

 

 

次ページからのポイント(有料記事)

台湾の「国内回帰政策」の具体的な内容

「新台湾国策シンクタンク」研究長 李 明峻氏インタビュー

「台湾アジア交流基金」理事長 蕭 新煌氏インタビュー

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2020年5月号記事  中国  工場  新型コロナ  中国依存  コロナ不況  台湾  李明峻  蕭新煌  著名知識人  脱中国  国内回帰  雇用減  税収減  蔡総統  愛国心  

Menu

Language