参院選「増税ありき」で選んで大丈夫? 減税で税収アップのアメリカ

参院選「増税ありき」で選んで大丈夫? 減税で税収アップのアメリカ

写真:Ned Snowman / Shutterstock.com

 

《本記事のポイント》

  • 「減税すると税収が減る」という論は本当か
  •  減税に踏み切ったアメリカは税収アップ。諸外国も減税路線に舵切り
  •  減税で国民が自由に使えるお金が増えることこそ、最大の社会福祉

 

「減税すると税収が減るから、増税は仕方ない」

 

ついそう思いがちだが、減税によって税収が増え続けている国がある。アメリカだ。

 

米大手ウォール・ストリート・ジャーナル紙は5月、2019年度の税収が増えたと社説で報じた(5月12日付電子版)。米連邦議会予算事務局の4月予算審査によると、昨年10月から4月にかけた7カ月間の2019年度会計が昨年より2%増え、すでに2兆410億ドル(約240兆円)に達するという。

 

さらに、雇用主が支払う「給与税」収入に至っては、雇用と賃金が増えたことにより4.7%も増えたという。同紙は、「(防衛費の増加などにより)財政赤字が増えているが、さらに早い経済成長によって税収が増えているため、それほど恐れる必要はない」と論じる。

 

ウォール・ストリート・ジャーナルが指摘するように、税収が増えたのは経済成長によるもの。トランプ政権発足後、アメリカの経済成長率は平均で約3%を記録している。

 

大幅な減税と規制緩和に踏み切ったことで、企業が事業拡大や新規雇用、ボーナスの支給などに投資。給与や雇用が増えたことで消費が活発になり、ますます企業は儲かるという好循環が起きている。

 

つまり、減税によって国民が豊かになった結果、自然と政府に入る税収が増えたというわけだ。

 

2018年度会計についても、税収を主とする歳入は減税が実施される2017会計年度よりも923億ドル増えた(トランプ減税で税収は増えた 新聞の「財政赤字の主因は減税」は嘘 )。

 

法人税を10%以上も引き下げ、所得税も下げたにもかかわらず、アメリカの税収は上がり続けている。

 

 

世界が減税に向かう中、日本は……

実は今、アメリカのみならず世界各国が減税路線に切り替えつつある。

 

例えばフランスは18年9月、3.2兆円相当(248億ユーロ)の減税案を発表。法人税や住民税などを下げるとともに、公務員を12万人削減するとした。オーストリアも今年5月、2023年までに年間8000億円相当(65億ユーロ)の減税を行う方針を決めた。その他、イギリスやオーストラリアなども、減税に舵を切っている。

 

安倍首相は「社会保障のための増税」を主張しているが、諸外国はむしろ、「減税こそ最大の福祉だ」と考え、減税によって国民が自由に使えるお金を増やそうとしている。

 

参院選の投開票を3日後に控えるが、この事実を考慮した上で各党を比較すべきだ。

 

 

10年間、ぶれずに減税を訴え続けた政党

幸福実現党は立党から10年間、一貫して減税の重要さを訴え続けてきた。国民が自由に起業家精神を発揮してこそ、一人ひとりの暮らしが豊かになり、国民全体の幸福度も増すと考えるからだ。

 

同党は今回の参院選において、比例代表3人に加え9つの選挙区、合計12人を候補者として擁立している。

 

各党が得票のためのポピュリズムに走る中、信念をぶらさず正論を言い続ける政党が、日本には必要だ。

(片岡眞有子)

 

【関連サイト】

幸福実現党 公式サイト

https://hr-party.jp

 

【関連記事】

2019年7月16日付本欄 幸福実現党の政策にネットで賛同の声 正論を訴える政党が求められている

https://the-liberty.com/article.php?item_id=16023

 

2019年7月9日付本欄 心震える政見放送を全文掲載 幸福実現党・釈量子党首 「日本は世界のリーダーになるべき!」

https://the-liberty.com/article.php?item_id=16002

 

2019年6月21日付本欄 経済を破壊する消費増税 安倍首相は「最も消費を減らした"偉大な"総理」

https://the-liberty.com/article.php?item_id=15899

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

タグ: 参院選  増税  減税  ウォール・ストリート・ジャーナル  幸福実現党  

Menu

Language