中国は密かに、日本と台湾の攻撃演習を行っていた - もし中国軍が侵攻して来たら Part.2

中国は密かに、日本と台湾の攻撃演習を行っていた - もし中国軍が侵攻して来たら Part.2

 

2019年7月号記事

 

国造りプロジェクト Vol.08

 


contents

中国は密かに、日本と台湾の攻撃演習を行っていた - もし中国軍が侵攻して来たら Part.2

中国は密かに、日本と台湾の攻撃演習を行っていた - もし中国軍が侵攻して来たら Part.2


 

図解・日中戦力比較

もし中国軍が侵攻して来たら

 

中国の脅威が高まる中、日中が激突したらどうなるか。

日中戦争シミュレーションを行い、日本がどうすべきかに迫る。

(編集部 山本慧)

 

中国は密かに、日本と台湾の攻撃演習を行っていた

中国は日台に酷似する施設を建設。

 

 中国が日本を侵略する可能性について、にわかに信じられない人もいるだろう。そんなことを口にすれば、「右翼」呼ばわりされたり、「戦争を煽っている」と非難されたりする。

 だが中国は、ある意味で"真面目"に侵略の準備を進めている。その証拠が、中国西部の人里離れた広大な敷地につくられた巨大施設だ。

 アメリカの軍事専門家によると、上記の衛星写真が捉えた施設は、「中国軍の演習場」である可能性が高いという。中国はこの施設にミサイルを撃ちこむなど、自衛隊や米軍基地、台湾を攻撃する演習を行っているのだ。

 実物の写真を並べると、それらの施設は、日本や台湾の軍事基地などと酷似している。

 国防強化が防衛目的であれば、あえてそうした施設をつくる必要はないだろう。中国は、日本や台湾を侵略する計画を着々と整えている。

 

沖縄県・嘉手納基地 / 中国・ゴビ砂漠

嘉手納基地の戦闘機駐機場に見立てた施設。

 

神奈川県・横須賀基地 / 中国・ゴビ砂漠

中国は、横須賀基地の構造に似た模型と3隻の標的艦を建設。

 

青森県・三沢基地 / 中国・ゴビ砂漠

三沢基地の航空機格納シェルターに見立てた施設。

台湾・台中国際空港 / 中国・ゴビ砂漠

台中国際空港に見立てた施設。

 

台湾・総統府 / 中国・ゴビ砂漠 中国・内モンゴル

総統府(日本の首相官邸に相当)の模型。

写真:ロイター/アフロ、グーグルアース、外交時事誌「ザ・ディプロマット」2015年8月9日付

 

次ページからのポイント

日中戦力比較 主力機の差は3倍以上

ミサイルの脅威

 

 

「自由の創設」のために報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2019年7月号記事  日中  中国軍  侵攻  台湾  攻撃演習  主力機  ミサイル  反撃  

Menu

Language