「2021年台湾侵略」に動く習近平 絶望か中国民主化かの分岐点 - ニュースのミカタ 3

「2021年台湾侵略」に動く習近平 絶望か中国民主化かの分岐点 - ニュースのミカタ 3

2019年1月2日、中国「台湾同胞に告げる書」発表から40年を記念して、人民大会堂で演説する習近平国家主席(中央)。写真:代表撮影/ロイター/アフロ

 

2019年4月号記事

 

ニュースのミカタ 3

国際

 

「2021年台湾侵略」に動く習近平

絶望か中国民主化かの分岐点

 

 2019年に入り、台湾をめぐる情勢が動き出しました。習近平・中国国家主席は、共産党創立100周年の2021年までに、台湾に侵略する決意を固めたかのような動きを見せています。

 

 

「台湾への武力行使」を暗示

 習氏は1月初め、中国が台湾に平和統一を呼びかけた「台湾同胞に告げる書」発表から40年に合わせて重要演説を行いました。

 習氏の台湾政策の柱は、「(中台の)平和統一の実現」「一国二制度の適用」などの5項目です。

 この演説で習氏は、45回も「統一」に言及。「中国人は中国人を攻撃しない」としながらも、「台湾への武力行使を放棄しない」と強調しました。実際に習氏はその2日後、軍事工作会議を開き、「新たなスタート地点に立って軍事闘争の準備を行え」と命令しています。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

「自由の創設」のために報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2019年4月号記事  ニュースのミカタ  台湾  侵略  蔡英文  蒋介石  毛沢東  中国共産党  100周年  習近平  霊言  民主化  

Menu

Language