PPPでできる、こんなことあんなこと - 国造りプロジェクト Vol.04

PPPでできる、こんなことあんなこと - 国造りプロジェクト Vol.04

 

2019年3月号記事

 

国造りプロジェクト Vol.04

 

20年で896の市町村が消える!?

「補助金いらず」の地方再生

 

日本には、人口減少、老朽化するインフラ、財政難などの課題が山積している。

国内で進む「見えにくい脅威」に対処し、税金だけに頼らない自治体のあり方を探る。

(編集部 山本慧、長華子)

 


contents


 

PPPでできる、こんなことあんなこと

自治体経営の「常識」を破壊する4つの事例を紹介する。

 

 

01 民間主導の複合開発

 

「農業の町ですが、以前は『何でも揃うが、これといった特徴がなく、わざわざ行くような場所ではない』というイメージがありました。その印象が変わりつつあります」

 1月、岩手県紫波町企画課企画主幹の鎌田千市氏はそう語りながら街を案内してくれた。紫波町は人口約3万3千人で、盛岡市のベッドタウンとして栄えた。だが、地方ではよくあるインフラ整備の財源不足や人口減少に直面。"自治体消滅"の話題もあり、地方に希望がないように見えた。

 

 

来街者が100万人

 そこで紫波町は2009年に、民間主導による公民連携「オガールプロジェクト」を始める。

 草が生い茂る広大な町有地(左画像)に、役場や図書館、ホテルなどが集積し、町全体の魅力が向上。昨年度は96万人がこの地を訪れ、16年度には日本で最も行政視察が訪れるなど、全国から注目を浴びている。一体、この町有地に何が起きたのか。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

02 "自治体民営化"で経費削減

03「借金ゼロ」で公共施設を建てる

04「教育」で公務員の仕事を早くする

INTERVIEW PPPで市民の声を反映する - フランク・シュニッドマン氏

INTERVIEW 増税するより、知恵を出す - サム田渕氏

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2019年3月号記事  民間主導  複合開発  自治体民営化  借金ゼロ  公共施設  教育  フランク・シュニッドマン  サム田渕  著名知識人  

Menu

Language