現地ルポ - 今の沖縄は侵略された「あの国」そっくり!?

現地ルポ - 今の沖縄は侵略された「あの国」そっくり!?

土砂投入される前の辺野古の米軍キャンプ・シュワブ。写真:Nicolas Datiche/アフロ

 

2019年3月号記事

 

現地ルポ

 

今の沖縄は
侵略された「あの国」そっくり!?

 

基地問題で揺れる沖縄を訪ね、中国の自治区となったチベットの併合前夜を、比較検証した。

(編集部 馬場光太郎、山本泉)

 

 

 あたかも独立戦争のような様相だ。

 沖縄県名護市の辺野古沿岸において昨年12月、基地移設のための土砂投入が行われた。地元テレビは叫び声を上げる抗議活動家の姿を映し、地元紙は「『琉球処分』強行だ」(琉球新報)と報じた。

 玉城デニー沖縄県知事は2月24日、埋め立ての賛否を問う県民投票を行う。沖縄をないがしろにする本土に「民意」をつきつけ、「自己決定権」を訴えるという。しかし、この対立の先に、沖縄の本当の幸福があるのか―。

 この「反基地・反本土運動」の延長線上には、最悪のシナリオがある。中国共産党による沖縄侵略だ。「そんなことがあるはずない」「いたずらに危機をあおるな」。そんな声もあるだろう。

 だが現在の沖縄は、かつて中国に侵略された「ある国」の状況とよく似ている。

 ヒマラヤ山脈北部に住むチベット民族。「海の民」ならぬ「山の民」として、独自の文化を育んできた。色とりどりの民族衣装に、木材が美しいパターンで並べられた独特な家屋。屋根の上には厄除けを願う旗がたなびく。自然と調和し、何よりも仏教徒として平和をこよなく愛する民族だった。

 しかし、いつまでも続くと思われていた平穏な日常が、ある時を境に一変する。1949年に、中国共産党の軍が押し寄せ、中国の「自治区」にしてしまったのだ。その過程で激しい虐殺・投獄・拷問が行われ、120万人が命を失った。

 この悲劇の国と沖縄との間に、多くの共通点がある。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

沖縄二紙による偏向報道の実態とは

中国人観光客への依存は注意

平和主義という無防備さの危険

元名護市長 島袋吉和氏インタビュー

 

 

「自由の創設」のために報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2019年3月号記事  現地ルポ  中国  チベット  沖縄  独立  基地  ペマ・ギャルポ  仲新城誠  著名知識人  侵略  赤旗  ダライ・ラマ  名誉市民  

Menu

Language