【香川】人口が減っても客は増える - シャッター街、赤字企業のV字回復物語 Part.3

【香川】人口が減っても客は増える - シャッター街、赤字企業のV字回復物語 Part.3

 

2018年5月号記事

 

人口が減っても客は増える

シャッター街、赤字企業のV字回復物語

 

人口減少による衰退を乗り越え、奇跡の復活を成し遂げた、地方のお店や商店街の物語に迫る。

不況・業界不振・ジリ貧にあえぐ、あらゆるビジネスパーソンのヒントにもなるはずだ。

(編集部 小川佳世子、馬場光太郎、片岡眞有子)

 


contents


 

香川

 

「商売人スピリット」で街をよみがえらせた

ショッピングモールに負けない商店街

 

人通りが途絶えた香川県の商店街を復活させた仕掛け人に、改革が成功するまでの道のりを聞いた。

 

高松丸亀町商店街振興組合 理事長

古川康造

(ふるかわ・こうぞう)2007年、高松丸亀町商店街振興組合理事長に就任。「まちづくりサポーター」として全国を回っている。

「何が起こっとるんや」

 約20年前、街の急変に商店主たちは焦りをにじませた。

 香川県随一と言われ、連日賑わいを見せていた高松丸亀町商店街は、ある時を境にめっきり客足が途絶えた。日曜日だというのに通りに人影はなく、売上げもピークだった1988年から半分以下に落ち込んだ。

 バブルで地価が跳ね上がったことが要因の一つだった。月極め駐車場が5万5千円まで値上がりするなど、商店街近隣はとても人が住める状況ではなくなった。その結果、郊外に転居する人が続出。商店街に面したエリアの人口は、1千人から約75人にまで激減した。

 さらに、88年の瀬戸大橋の開通と同時に、他県から進出してきた大型店舗が顧客を根こそぎ奪っていった。香川一の活気は見る影もなくなった。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

時代の先を読んで手を打つ

「居住者」を増やす

「成功者の町」をつくる

問題解決策を「発明」する

補助金は投資と捉える

 

 

「自由の創設」のために報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2018年5月号記事  人口  シャッター街  赤字企業  V字回復  香川  商売人  ショッピングモール  商店街  居住者  成功者の町  発明  補助金  

Menu

Language