愛と許しの心で差別はなくせる - ネルソン・マンデラ財団 ヤセ・ゴドロー氏インタビュー

愛と許しの心で差別はなくせる - ネルソン・マンデラ財団 ヤセ・ゴドロー氏インタビュー

 

2017年10月号記事

 

Interview

 

愛と許しの心で差別はなくせる

 

ヤセ・ゴドロー

(Yase Godlo)南アフリカのヴィッツビジネススクールを卒業後、世界最大の会計事務所の一つであるKPMGに勤務。その後、ネルソン・マンデラ財団に奉職し、マンデラ氏のもとで働く。同財団で財経担当、社会奉仕およびネルソン・マンデラ・デー(*)担当などを歴任。

 

ネルソン・マンデラ財団

南アフリカ共和国で行われていた人種隔離政策「アパルトヘイト」と戦った、ネルソン・マンデラ元大統領が設立した財団。マンデラ氏の価値観とビジョンを受け継ぐべく設立された。

人種隔離政策「アパルトヘイト」と戦い続けたネルソン・マンデラ氏。
生前の氏を知るゴドロー氏に、後世の人々が受け継ぐべきマンデラ氏の遺志について聞いた。

(編集部 長華子)

 

 

――今も世界各地で、人種差別が続いています。どうしたら差別をなくすことができるでしょうか?

ゴドロー氏(以下、ゴ): 人種差別の背景には、自分と異なる人たちへの恐れがあります。恐怖から、「他の人を支配し、優位に立たなければいけない」という気持ちが生まれてきます。

 差別や暴力をなくすためには、背景に恐怖があることを知り、他の人を理解するために努力することが大事なのです。

 

 
(*)マンデラ・デー 2009年に国連が制定した。マンデラ氏の誕生日である7月18日に、同氏が「アパルトヘイト」と「67年間」闘ったことを記念し、誰かの幸せのために「67分」費やすことを提案している。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

「自由の創設」のために報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2017年10月号記事  インタビュー  ネルソン・マンデラ財団  人種差別  ヤセ・ゴドロー  南アフリカ  アパルトヘイト  

Menu

Language