ずっと監視されている!? 棺おけの中まで税金を取りに来るマイナンバー

ずっと監視されている!? 棺おけの中まで税金を取りに来るマイナンバー

 

2016年5月号記事

 

ずっと監視されている!?

 

棺おけの中まで税金を取りに来る

マイナンバー

 

1月からマイナンバーの利用が始まった。政府は、「行政手続きが簡単になる」と宣伝して、利用範囲の拡大を目指しているが、本当にこのまま進めてよいのだろうか。

(編集部 山本泉)

 

 マイナンバー制度は、スタートから3カ月も経たないのにトラブル続きだ。通知の郵便が別の人に送られたり、同じ番号が2人に割り振られていたりした。 2月には、マイナンバー詐欺で80代の女性が数千万円をだまし取られた。そもそも、多くの人が通知カードをまだ受け取っていない。

 そうまでして、政府がマイナンバーを導入するのはなぜか。それは、少しでも多く「税金を取る」ためだ。 

 岡山に住むAさん(80代・男性)は今年、銀行で新規口座を開設しようとしたところ、マイナンバーの記入を求められた。Aさんは拒んだが、銀行側が「社内ルールです」と言うため、仕方なく記入したという。

 現在のところ、銀行への提出は義務ではない。だが、義務化は時間の問題。口座情報を押さえられれば、棺おけに入った後も、税金から逃れられない。実際、政府は死亡時点で残った遺産に一定の税率をかけて徴収する「死亡消費税」の導入を検討中だ。

 これでは、「政府によるストーカー」だ。今ならまだ間に合う。国家監視につながるマイナンバーを止めなければならない。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

マイナンバーQ&A

クイズ 将来、私たちはマイナンバーカードで何ができるようになる?

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2016年5月号記事  マイナンバー  税金  監視  Q&A  クイズ  財産の監視  銀行口座  預金額  弾圧  

Menu

Language