タクシーの運賃値上げは国の民間に対する侮り?

タクシーの運賃値上げは国の民間に対する侮り?

 

ワンコインタクシーの勝利だ。

 

国の規定より安い運賃で営業する、格安タクシー会社「ワンコインドーム」(大阪市)が、国に運賃の値上げを強制しないよう求めた訴訟で、大阪地裁はこのほど、同社の請求を認める判決を言い渡した。

 

西田隆裕裁判長は「(政府は)タクシー会社の経営実態を全く考慮せずに公定幅運賃を決めている。裁量権の乱用だ」と述べた。

 

公定幅運賃とは、全国155の地域で、国が定めた料金を指す。「過当競争になれば、運転手の収入が減り労働条件が悪化し、サービスの質が落ちる」などとして、昨年4月から導入された。

 

この制度により、大阪府内のタクシー会社は中型車で初乗り660~680円での営業を義務付けられたが、ワンコインドームは初乗り500円で営業し続けた。

 

同様の訴訟は他に、大阪、福岡、青森の3地裁で5件起こっており、仮処分の決定はすでに出ているが、判決は今回が初めてだ。

 

 

挨拶しなければ運賃は頂かないMKタクシー

国は"親切心"から運賃規制を行っているかもしれないが、これは本当に必要なのか。

 

訴訟を起こしたタクシー会社の一つ、MKタクシーグループ(本社:京都市)は、お客様から高い支持を受けている会社だ。

 

低運賃はもちろん、お客様の心を離さないサービスの特徴の一つには「当たり前の継続」がある。

 

1976年から続けている「MK運賃運動」では、「ありがとうございます」「MKの○○です」「どちらまでですか? ○○までですね」「ありがとうございました。お忘れ物はございませんか?」という4つの挨拶を実行しない場合は、運賃を頂かないという徹底ぶり。

 

身体障害者や着物を着たお客様に対しても、運賃割引を実施するなど、MKタクシーのサービスは常に「お客様第一の精神」で貫かれている。

 

 

「タクシーのサービスはどこも一緒」という国の固定観念

国による一律の運賃規制は、こうしたお客様に選ばれるための努力を否定してしまう。

 

MKタクシーは昨年5月、運賃変更命令の仮差し止めが決定した際に、ホームページで「『タクシーはどれもサービスの変わらない、選択できないもの』というタクシーにとっての固定観念は、 創意工夫によって利用者に喜ばれるタクシーを生み出すという事業者の経営努力を否定します」と指摘している。

 

タクシーの運賃規制のみならず、政府が民間に「口出し」をする背景に、民間の経営努力への「侮り」があることが多い。

 

こうした規制は営業の自由を侵害し、民間の活力を奪ってしまう。国は規制を撤廃し、民間が自由に経済活動を行う流れの中にこそ、国も国民も豊かになることにそろそろ気づくべきだ。(冨野勝寛)

 

【関連書籍】

幸福の科学出版 『幸福実現党テーマ別政策集 4 「未来産業投資/規制緩和」』 大川裕太著

https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1571

 

【関連記事】

2008年9月号 規制緩和・撤廃にアクセルを

http://the-liberty.com/article.php?item_id=554

 

2015年11月12日付本欄 ヤマト運輸が意見広告を掲載 その規制はお客様のため?日本郵便のため?

http://the-liberty.com/article.php?item_id=10454

 

2015年11月11日付本欄 関空・伊丹空港の民営化が前進 地盤沈下が進む関西復活の起爆剤に

http://the-liberty.com/article.php?item_id=10450

 

2015年1月29日付本欄 スカイマークの民事再生法申請は経営ミス!? 羽田空港に見る規制緩和の必要性

http://the-liberty.com/article.php?item_id=9142

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

タグ: タクシー  運賃  訴訟  公定幅運賃  規制  サービス  経営  自由  

Menu

Language