ユネスコの誤審 「南京」記憶遺産 決定の舞台裏 - 現地ルポ× 8カ月追跡取材

ユネスコの誤審 「南京」記憶遺産 決定の舞台裏 - 現地ルポ× 8カ月追跡取材

 

2015年12月号記事

 

現地ルポ × 8カ月追跡取材

 

「南京」記憶遺産 決定の舞台裏

ユネスコの誤審

 

中国が申請していた「南京大虐殺」の資料が、ユネスコ記憶遺産に登録された。「従軍慰安婦」の資料は却下されたが、実はユネスコ側は、韓国などと連携して2年後の登録を目指すよう、中国に促していた。最終審議が行われたアブダビで、ユネスコの過ちを目の当たりにした。

(編集部 中原一隆)

 

 

最終審議が行われたセントレジス・アブダビの会議室。そこには、申請者である中国・中央档案館の館長のネームプレートがあった。

「関係国からクレームがついた申請は他にもあった。だが、その全てに対応していたら埒が明かない。だから南京大虐殺も、『政治性』を無視して審議した」

「韓国やフィリピンなど複数の国が関心を持っている従軍慰安婦問題は、改めて2年後に共同で申請するよう、中国に伝えた

 記憶遺産の「南京」登録、「慰安婦」却下の内幕を、淡々と語るユネスコ関係者の言葉に、記者は愕然とした──。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

中国の「歴史戦」に立ち向かった人々 藤岡信勝氏/水間政憲氏/阿羅健一氏/天児都氏/釈量子氏

政治利用されてきたユネスコの歴史 / ユネスコでも台頭する中国

「慰安婦」は2017年の登録が確実 / 中国の申請は「歴史のねつ造」資料

 

 

「自由の創設」のために報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2015年12月号記事  ユネスコ  南京大虐殺  従軍慰安婦  藤岡信勝  水間政憲  阿羅健一  天児都  釈量子  著名知識人  中国  韓国  イリナ・ボコバ  

Menu

Language