rss

タグ「領土問題」の記事一覧

  • なぜアゼルバイジャンとアルメニアは戦争をしているのか (1)

    2020.10.22
    なぜアゼルバイジャンとアルメニアは戦争をしているのか (1)

    アルメニアとアゼルバイジャンは、9月27日に近年最大規模の武力衝突を起こして以来、戦争状態に突入しています。   ロシアの仲介などにより、停戦を繰り返してはいますが、収束のめどは立っていません。   どちらも日本から見れば「遠い国」という感覚が強い、アルメニアとアゼルバイジャン。なぜ両国が今、戦争をしているのでしょうか

    ...

  • 中国の軍事恫喝が異常レベル コロナ禍をよそにレーザーを照射し、船を沈める - ニュースのミカタ 3

    2020.04.30
    中国の軍事恫喝が異常レベル コロナ禍をよそにレーザーを照射し、船を沈める - ニュースのミカタ 3

    米哨戒機にレーザー照射した中国ミサイル駆逐艦の同型艦。写真:ロイター/アフロ   2020年6月号記事   ニュースのミカタ 3 国際   中国の軍事恫喝が異常レベル コロナ禍をよそにレーザーを照射し、船を沈める     新型コロナウィルスの感染が広がる...

  • 国際政治を動かす「宗教の影響力」 領土問題の解決、軍事政権の民主化を実現

    2019.12.20
    国際政治を動かす「宗教の影響力」 領土問題の解決、軍事政権の民主化を実現

    写真:Alessandro Colle / Shutterstock.com   《本記事のポイント》 国際司法に訴えても、解決しない問題はある 例えば、ローマ教皇は戦争や領土問題を仲裁したことがある 日本の歴史でも、朝廷に権威があった時は、「調停者」の役割を演じた   日本は中国、韓国、ロシアな...

  • 日露平和条約締結の「ラストチャンス」 G20で安倍首相は決断すべき

    2019.06.08
    日露平和条約締結の「ラストチャンス」 G20で安倍首相は決断すべき

    メドベージェフ首相(左)とプーチン大統領。   「ロシアは条約締結を望んでいるが、日本とアメリカの軍事協力が締結を困難にしている」──。   ロシアのプーチン大統領は6日、訪問先の同国北部のサンクトペテルブルグで、そう語り、現状では日露平和条約の締結が困難であるという認識を示した。   安倍政権は6月末に大阪で行わ...

  • 「中国の脅威はアメリカ」偉大な国家としての責任を果たすべき

    2016.10.10
    「中国の脅威はアメリカ」偉大な国家としての責任を果たすべき

      世界におけるアメリカの役割の大きさを再認識するデータが発表された。   アメリカのピュー・リサーチ・センターが、国際社会や国内問題に関する中国人の見方を調査したデータを発表した。10月6日付ウォール・ストリート・ジャーナル紙が報じた。   調査では、 「領土問題は軍事衝突に発展しうるか」 「アメリカに対...

Menu

Language